言葉変換『もんじろう』用アイコン 赤手袋/誕生日   

2014年 02月 07日

a0332751_14362591.jpg



先日は私の誕生日であった。

シャミおは毎年誕生日ディナーを作ってくださる。
ワインとケーキ付き。
ありがたいことである。

息子はプレゼントをくださる。

といっても気の効いた男ではまるでないので、何が欲しいかを尋ねられる。
私は年が明けると、息子の金銭的負担が少なく自分が欲しがってるモノは何かと必死で自問するのが恒例である。

今年は皮手袋をリクエストしてみた。
シーズン終わりのセールで、10ドル以下で買えるはずである。

テキトーに選んでおけばいいものを、息子はプレゼントを買うのに店を何軒も何軒も回る。
ラッピングペーパーとリボンも買う。
母ちゃんを喜ばせようと必死な、立派なマザコンなのである。

真っ赤な革手袋。
手袋をはめたままでもスマートフォンが操作できるポッチが親指と人差し指についている。
サイズもぴったりである。

毎年のことながら、私は感激する。

息子が無事どこかの大学に入れたら、来年の私の誕生日に息子はいない。
そう考えたら涙がチョチョぎれそうになった。

食後にケーキが出てきた。
ローソクが2本ささっている。

電気を消し、ローソクに火をつけ、息子がいつもより一層野太い声で

はっぴーばーすでー つー ゆー♪

と歌いながら運んできた。

いつものようにシャミおの膝の上で参加していた猫のタビちゃんは
その野太い声に 知らん人が来た と勘違いしたのか
ムンクの叫びのような顔をしながらどえらい勢いでカウチのクッションの裏に逃げ込み
尻尾をオマタの間にはさんで一晩中ブルブル震えていた。

a0332751_14362573.jpg


ビビリのアカンタレ猫ですわ。

[PR]

by brook2015 | 2014-02-07 05:49 | その他

<< 山食/オーディション終了 豚まん/Dちゃん >>