言葉変換『もんじろう』用アイコン 息子、入寮   

2014年 08月 31日

新居のバックヤードに生息していた方。
コネチカット方面にドナドナされていきました。

a0332751_14362911.jpg


お母さん猫はまだウロウロしている。
確実にハラが膨らんでいる。
どうしましょう。

a0332751_14362955.jpg


ハワイの話はおいおい書くとして。

本日息子が大学の寮に入りました。

息子は18歳になった今でも本当に頼りなくて
それはすべて私の育て方のせいなのでしょう。

頼りないから手をかけ過ぎる。
だからずっと頼りないままで来てしまったのです。

かといって手をかけないとどうなるか。
とんでもないことになるワケです。
本人のみ困ってくれれば構わないのですが
火の粉は確実に親にも飛んできます。
大迷惑もいいところです。

だから忘れ物はないか、〆切りは守れているか、
ついつい先回りして私がやってしまう。
息子のため、というより、自分のためにやってしまう。
それがダメなんです。分かっています。

息子はもう家を出るわけですから、入寮に関することは、今度こそ全部本人にやってもらうことにしました。

すると見事なまでに何もしませんな、息子。
荷造りを始めたのは昨日です。
入寮日の前日です。

もちろん「あ、アレがない」「買いにいかなきゃ」ってモノが発生します。
私は知らん顔です。
前日の夕方に、自分で買いに行っておりましたよ。

翌日(本日)、シャミおともども親子3人で車に荷物を積み込み、大学へと向かいました。
大学は家から車で1時間。
近いっちゃ近いです。

このまま無事に大学に到着し、何ごとも起こらないわけがありません。
シャミおも私もまったく息子を信用しておりません。
絶対何か忘れ物をしているだろうし、出なければならないオリエンテーションやレクチャーの一つや二つ、すっ飛ばすだろうと思っています。

まず、息子がGPS に入力した寮の住所が間違っている!
GPS通りに行こうとするシャミおを制して、私のケモノの感のケモノ道へ進路を変更し、無事に正しい場所に到達しました。

荷物を車からおろして大学のカートに積み込み、息子は鍵をもらいに受付へ。

さあ皆さん、息子は鍵をもらえません。
きたきた。きましたよ~。

鍵をもらうにはフォトIDが必要なのに、息子はそれを持参していないのです。

結局泣きをいれて寮の鍵はもらえまして、荷物を部屋に入れることはできたのですが、
大学のIDカードをもらうには絶対ににフォトIDが必要だと言われます。
そりゃそーです。
この大学のIDカードはクレジットカード的に使えるもので
大学構内、周辺の店や交通機関の支払いに使用可能。
さらにはカフェテリアのミールプランもこのIDカードを提示して利用額がさっ引かれる、学生の命綱のような存在なのです。

荷物を部屋に入れ終わると、私とシャミおは息子を車に乗せて家に戻りました。
全員無言です。
往復2時間のドライブですから大した距離ではありませんが
精神的にどっと疲れてしまいました。

再び息子を大学まで送ることはできなくもないけど
なんかもう嫌になってしまった。

息子はパスポートをポケットにねじこんで、お母さん本当にごめんなさい と言い
地下鉄と電車を乗り継いで大学に戻っていきました。
それだと3時間ぐらいかかるのですが、そんなことは知ったことではありません。

長い間、息子が家を離れる日は泣いちゃうだろうな、などと想像していたけれど
そんなドラマチックな展開にはまったくならず。
ウチの息子はサスガである、という思いを強くしただけのトホホな一日となりました。
[PR]

by brook2015 | 2014-08-31 07:38 | その他

<< ハラへり息子、帰ってくる 猫・へんな庭・お隣 >>