言葉変換『もんじろう』用アイコン 猫・へんな庭・お隣   

2014年 08月 18日

新しい家の庭には猫が住み着いている。
ウォークスルーのときソレを発見した。

誰かが勝手に我が庭に小さな猫小屋を置いていて
中をのぞくと、なんと、子猫が5~6匹いるではないか!
まったく冗談じゃない。
ワシらは猫に取り憑かれているのか……。

シャミおは大喜びである。

家が広くて庭に子猫がいるなんて、酒はうまいしネーチャンはきれいだ、みたいなもんやん

などといってニヤついている。

アパートに戻ってタビちゃん(飼い猫)に

タビちゃんもお友達が欲しいよね~

などと気持ち悪いオッサンの猫なで声を出している。

翌日家に行くと、お隣のガレージで一人のお姉さんが子猫の世話をしていた。
お隣さんに世話を頼まれたのだと言う。
(ウチとお隣さんはドライブウェーを共有しているため、お互いのガレージエリアへの出入りが自由。さらにはその気になれば誰でも入ってこられるのです)

今貰い手を探しているんだけどオタクも1~2匹どう? っていうからシャミおにガンを飛ばしつつ断りましたけどなにか?

そのガレージの横の区画は、緑の毛のはえた塀で囲まれた、意味の分からんスペースになっている。
↓こんな感じ。

a0332751_14363011.jpg




あまりにも訳分からん毛はえ塀はとっとと取っ払ってしまおうと、デモリションの業者に見積もりにきてもらった。
おっさんはこの塀を見るなり 前のオーナーはジューイッシュでしょう と言った。
こういう、緑の毛で覆われたスペースでなんかの儀式だか集会だかをする習慣があるのだそうだ。

すべてを踏み倒して夜逃げしたガールたちは、ここで何を祈っていたのであろーか。
シャイロック一味の不動産屋は オーナーが物置き場として使っていたから囲ってあるのさ なんてシラッと言ってたけど、オマエこの塀の意味を絶対知っとったやろ!
なんで嘘ついたんや!
気色がられるのが嫌やったんか!
なんかやましいことがあるんか! オラ!

囲いの中には売り主側が 絶対に片付けない! 片付けろなんて家を売ってもらっといてよくもそんな無礼なことが言えるな! とほざいた木の枝(大量)が残されている。
このやりとりの頃にはもう頭がおかしいとしか思えなくなっており、争わなかった。
処理に600ドルかかる。
えーワイそんなはした金!(ヤケクソ)

デモリションの日時をお隣に伝えようとピンポンしたが留守だったので、電話番号を書いたメモを残してアパートに戻った。
夜、男性から電話がかかってきた。

挨拶がてらいろいろ話したら、よい人そうなので良かった。

確か内見のときにお会いしましたよね? 犬の散歩をしてらした と言うと

あれは夫のデイビットです。僕の名前はトム と言われました。

……そうですか。ある意味嬉しいです。
男のゲイのカップルはセンスがよくてきれい好きの人が多いから。
ここがこりかたまったジジババのコミュニティーじゃなくて安心しました。

さて、明日よりハワイに行ってきます。
[PR]

by brook2015 | 2014-08-18 13:49 | その他

<< 息子、入寮 クロージング >>