言葉変換『もんじろう』用アイコン カテゴリ:その他( 20 )   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 15年住んだ家   

2014年 07月 16日

a0332751_14362976.jpg

(家の前にとめたダンプスター。いらない粗大ゴミをばんばん放り込んでいく)




家の売却が終了した。
次に住む家も見つけた。
現在、アパート暮らしをしている。

「おやつ」とは何の関係もないが、ボチボチとその辺りのことを書いておこうかな。

今回売却した家は15年半住んだ。

その前は集合住宅の3階に住んでいて
2歳半となった息子がパタパタと家の中を走り回るたびに階下のゲイカップルから苦情がくるようになり
引っ越しを決意したのだった。

以前にも書いたような気がするが
いつでもお金のないワタクシたちが買った家は、家の斜め前はクラックハウス。
暗くなると通りの角にはドラッグディーラーが立つようなうらぶれた通りの中で売り出されていた同じような3軒の中で、最もボロくて安い物件だった。

しかもその家はリーガル2ファミリーの所を無理くり3ファミリーに違法改造した家で
購入時にはテナントが3家族入っていた。
そのうちの一人のオバハンは犯罪者だったらしく、後々FBIがウチに尋ねてきていろいろ調べていった。

テナントを全員追い出し、イリーガル状態を2ファミリーに直して銀行のモゲージ審査を通し、家中ぶっ壊して自分たちの手でリノベーションした。

そんな環境だったから、校区なんかサイテーである。
同じブロックにある小学校は、第一言語がスペイン語の児童が全体の96%のマンモス校で、学力レベルも学区内で最低ランクだった。
だから息子はその、自宅から歩いて1分の小学校には通わせず、車で20分のマグネットスクールに入れた。
英語も日本語もままならない息子に、もうひと言語増えるのはいくらなんでも無理だった。

家を買うときはスクールランクを見ましょう

っていうのは、アメリカの不動産売買の常識である。
予算の乏しい私らはその常識をぶっちぎるより他なかったのである。

そこに住んで5~6年経ったぐらいからか。
路上駐車の車の種類が変わりはじめた。
今どきどこでこんな車買えるねん 的なオンボロ車展示場のようだった我がストリートに外車が増えはじめ、路上駐車もむずかしくなってきた。
現在ではそのほとんどがBMWやレクサスなどの高級外車である。
隣のローラちゃんちなど、ベンツとトヨタの2台所有だ。
このあたりはガレージのついた家などほとんどない地域で(1920年代の家ですから)
車をとめる場所を探して30分以上ウロウロするのが当たり前になってきた。
それも家を売るひとつの大きな動機となった。

私は元々、金持ちばっかり住んでいるところは嫌いである。
金持ちに限らず ○○ばっかり っていうのが苦手である。
中国人ばっかり とか 共和党員ばっかり とか、そういうのも困る。

この家はあれよあれよという間に周囲のジェントリフィケーションが進んで
ひねくれもんの私らにはすっかり住みにくい街になってしまった。

家を売ることにしたのは息子の学費捻出という理由もあるのだが
自分たちにふさわしい場所に移りたい、という気分も大きかった。

家は速攻売れた。
1度のオープンハウスに75組150人やってきて、10組を超えるオファーがあった。
アスキングプライスに、25万ドル上乗せした額で競り落とされた。
15年前に買った価格自体、25万ドルもかかっていないのである。
恐ろしくてサブイボたちまくりである。

購入したのは4歳と2歳の女の子がいる夫婦。
一番の購入動機は、同じブロックにある小学校に通わせたいからだという。
15年前、息子を通わせるのにためらった、スパニッシュばかりの程度の低い小学校は数年前新しい校長が赴任して大改革が行われ
今や学区で1、2を争う人気校になっていた。

お隣のローラちゃんのお母さんも、その小学校に通わせたいから引っ越してきた、といっていたな。

私らは資産運用の知識などまるでない、普通の貧乏ったらしいオッサンオバハンである。
今回家が高く売れたのはタマタマであり、理由をあげるとしたらニューヨーク市の人口が増えているせいである。
そして私らは往復ビンタを3千発くらうぐらいの税金を払わねばならないし
次の買う家も相当なボロ家に鼻血も出ないぐらいの額を支払わなければならない。

まあここでナンボ愚痴ったところで、私らは儲かったのだから、嫌みな話であろう。

家を引き払うとき、DIYしたキャットゲートも取り払った。
そしたらクロージングのとき キャットゲートがなくなってて残念だよ って言われた。
新しいオーナーは猫を2匹飼っているらしい。

大切に住ませてもらうわね と奥さん。
バラも丁寧に面倒みるからね と言ってくれた。

私らが息子を育てた家で、新たなファミリーが子育てしていくと思うと
とても微笑ましく、手放しても何も惜しくないと感じるのだ。
あの広い庭で小さな女の子が二人走り回っている姿が目に浮かぶ。

あの家を一番必要としている家族に引き渡せて良かったな、と思う。
投資目的のギラついたオヤジになんか売りたくなかったから。

子育てを終えた私たちは、よりこじんまりとした次の住処を探す予定だった。
ところが。
(続く)
[PR]

by brook2015 | 2014-07-16 01:00 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン チューリップ/頼りない   

2014年 03月 12日

a0332751_14362539.jpg


春はすぐそこ。



最後の大学オーディションの話。

それは地元のオーディションでした。

私はすっかりオーディションビジネスに飽きており
すべてを息子に丸なげすることにしました。

丸なげとは

・オーディション会場の場所確認、スケジュール確認
・必要書類の準備
・持ち物・服装確認

などです。
そんなものは本来、本人が整えて当たり前のことです。

その当たり前のことが、息子は頼りない。
だから、遠くに出かけるときは私がダブルチェックしないではいられなかったのです。

今回の場所はウチから地下鉄で行けんこともないのですが乗り継ぎの時間が読めないので
シャミおが車で送っていく手はずになっておりました。

さて、そのオーディション前夜。
息子はずっとパソコンで学校の宿題をやっておりました。

夜の11時半にもなるのに、何の準備もせず、宿題をやり続けております。

私はたまらず
オーディションスケジュールのコンファメーションだけは印刷して持ってけよ~
と声をかけてしまいました。(甘い母親です)

それでようやく息子は宿題の手をとめ、準備にとりかかったのです。

もっていくべき書類はコンファメーションだけではなかったことにはじめて気付き
そこからバタバタとしはじめた息子を放置して私は寝ました。

翌日(当日)。
朝8時半には家を出ないと間に合わないのに
息子は起きてきません。

目覚ましは7時に鳴ったのに、2度寝しやがったのです。

例によって私は手のひらに爪をくいこませて放置。
8時15分まで耐えましたが、たまらず

今日のオーディションはキャンセルかい

とドスの効いた声で起こしてしまいました。(つくづく甘い母親です)

そこでガバチョと起き上がった息子。
なんで目覚ましが鳴れへんかったんや~ とかホザいておりましたが
日本が誇るSEIKOの強力目覚ましはガンガンに7時に鳴ったっちゅうねん。

そこから寝癖を直したり、スーツを着たり
いろんな書類を詰めたりの準備でバタバタ。
もちろん朝ごはんを食べるヒマなどありません。

もうどうやったって10分は遅刻、という段になって、息子はシャミおに
蝶ネクタイとカマーベルトを貸してくれ
と頼んでいるではありませんか!

実はこの日、夜に学校のジャズバンドのコンサート出演のためにオーディション会場から直行せねばならず
オーディションも蝶タイ黒スーツ皮靴で受けることにしていたのです。

私なら。私なら、ですよ。
当日着るべき服は前日に整えます。
シャツにアイロンがかかっているか確認し、ネクタイや黒靴下なども準備し、靴を磨いてすぐ履けるようにして寝ます。

息子はそういうことを、家を出発する3分前にしか思い出せないようなのです。
そして、自分の蝶タイもカマーベルトも、息子部屋の4次元ブラックホールに飲み込まれていて、簡単には見つからないわけなのです。

シャミおの蝶タイとカマーを、スーツのポケットにねじ込んで
片方のポケットはひっくり返って中身が出たまま
スーツの方襟はねじれたまま
息子は出かけて行きました。

息子に丸投げすると、こんな具合です。
たとえどこかに大学に合格したとしても、息子はちゃんとやっていけるのでしょうか。

ええ、分かっています。
すべては私の責任です。
育て方が悪かったのです。

朝から頭がツーンとしてしまいました……。
[PR]

by brook2015 | 2014-03-12 03:00 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン 赤手袋/誕生日   

2014年 02月 07日

a0332751_14362591.jpg



先日は私の誕生日であった。

シャミおは毎年誕生日ディナーを作ってくださる。
ワインとケーキ付き。
ありがたいことである。

息子はプレゼントをくださる。

といっても気の効いた男ではまるでないので、何が欲しいかを尋ねられる。
私は年が明けると、息子の金銭的負担が少なく自分が欲しがってるモノは何かと必死で自問するのが恒例である。

今年は皮手袋をリクエストしてみた。
シーズン終わりのセールで、10ドル以下で買えるはずである。

テキトーに選んでおけばいいものを、息子はプレゼントを買うのに店を何軒も何軒も回る。
ラッピングペーパーとリボンも買う。
母ちゃんを喜ばせようと必死な、立派なマザコンなのである。

真っ赤な革手袋。
手袋をはめたままでもスマートフォンが操作できるポッチが親指と人差し指についている。
サイズもぴったりである。

毎年のことながら、私は感激する。

息子が無事どこかの大学に入れたら、来年の私の誕生日に息子はいない。
そう考えたら涙がチョチョぎれそうになった。

食後にケーキが出てきた。
ローソクが2本ささっている。

電気を消し、ローソクに火をつけ、息子がいつもより一層野太い声で

はっぴーばーすでー つー ゆー♪

と歌いながら運んできた。

いつものようにシャミおの膝の上で参加していた猫のタビちゃんは
その野太い声に 知らん人が来た と勘違いしたのか
ムンクの叫びのような顔をしながらどえらい勢いでカウチのクッションの裏に逃げ込み
尻尾をオマタの間にはさんで一晩中ブルブル震えていた。

a0332751_14362573.jpg


ビビリのアカンタレ猫ですわ。

[PR]

by brook2015 | 2014-02-07 05:49 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン Ikeaの鍋/ひなたぼっこ   

2013年 12月 17日

a0332751_14362312.jpg


10年ほどもずっと米を炊いていたルクルーゼのニンニク鍋を捨てた。
蓋の裏側が錆びてしまって、もう限界だと判断した。

ニンニク鍋は底がお釜状のシェイプをしていて、米を炊くのに誠に具合が良かった。
だが、ルクルーゼはこの鍋をコレクターズアイテムとして売り出したのであって
10年もの間毎日毎日この鍋で米を炊く人間がいようなどとはツユほども思わなかったのであろー。

裏のエナメル加工が最初からゾンザイだった。

炊飯鍋を捨てたのであるから、新しいのを買わねばならない。
ルクルーゼの鍋で底が丸いものは、スープポット(日本ではマルミットという)である。
この鍋はあまり人気がないらしくマルミットは廃盤になっている。
アメリカで販売されているスープポットには好きな色がない。
デューンと呼ばれるアイボリーの鍋が欲しかった。

どうしようかなー……と迷ってネットを彷徨った。
ルクルーゼは決して安くないブランド鍋であるが、最近は田舎町のジャスコでも買えるありふれたモノに成り下がってしまった。

そこで最近台頭してきたのがストゥブである。
フランスのプロの料理人はストゥブを選ぶらしい。
という付加価値が付いて、ルクルーゼよりも一層価格が高い。

でもまあスペックは良さげである。
蓋の裏にピコと呼ばれるイボイボが付いていてこれが水滴を集める仕事をし
無水調理が可能だと言う。

ルクルーゼはあと2つ持っているので今回はストゥブを試してみるかな……と考えていたところ、IKEAのSENIORという鍋がいいと言ってる人がいた。
で、いろいろ調べてみたら。

大きさといい色といい、私の希望とぴったんこである。

ルクルーゼとストゥブのいいとこどりのバッタもんの鍋なのだ。
ルクルーゼよりも分厚く蓋が重くて、ピコがついているため、より圧がかかると思われる。
中はストゥブ同様黒のエナメル加工なので料理の色が分からない、という意見もあるが、変色が目立たないとも言える。
ウチは炊飯器としての鍋を探しているので料理の色うんぬんは気にならず、変色が目立たないメリットはありがたい。

何よりもスバラスイのはお値段である。
39ドル99セントである。
ざっと4000円ほどである。

さっそく近所のIKEAに行った。
売れ筋商品なんかな、棚に3個しか残ってなかった。

a0332751_14362303.jpg


いそいそと米を炊いてみた。
ニンニク鍋と比べてどうか。

これが、すごくいい。
ルクルーゼのご飯よりも一層ツヤツヤと米が立って、美味しいのだ。

ニンニク鍋のご飯も美味しかったのだが、それはお釜状のカーブ底のおかげだと思っていた。

でもそれ以上に飯炊きで重要なのは、蓋の重さなのだと思った。
IKEAの鍋はほとんど吹きこぼれがない。
熱が外に逃げることがないから、旨味が凝縮されるのであろう。

IKEAのSENIOR、オススメです。
5万も6万もする炊飯器よりもおいしいご飯が、より短時間で炊けます。

a0332751_14362388.jpg




a0332751_14362331.jpg


↑最近お気に入りの場所。
座布団を与えたら、ずっとひなたぼっこしている。

a0332751_14362336.jpg


ぼかぼかと温かいのでしょうね。



カアちゃんの尻臭のしみついた座布団がえも言われぬカイカンなのかも。


※お知らせ
「いいね!」の機能を外しました。
「いいね!」返し、のようなことをようしませんので……。
いままで「いいね!」してくださった方、ありがとうございました。
[PR]

by brook2015 | 2013-12-17 03:21 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン NYフィルのパークコンサート   

2013年 07月 12日

a0332751_14361899.jpg


近所の公園で毎年(のように)開催される、NYフィルの野外コンサートに行ってきました。

この地に引っ越してきた最初の年、かれこれ19年も昔、
初めてNYフィルの野外コンサートに行ったときは
シャミおと二人ふつーに身ひとつで参加した。

そしたら。
ウチらのすぐ横に恋人同士とおぼしき男女がやってきて
ブランケット(ブルーシートじゃないのよ)をシャッと広げ
その四隅にローソクの火をともし
藤のバスケットからフルートグラスを取り出してシャンパンを注ぎ

抱き合って寝そべった。

こんなのアリ? と衝撃を受けたものだった。

その後仕事が超超超激激激忙しくなり、息子が産まれて夜遊びどころではなくなり
しばらく野外コンサートから遠ざかっていたが
息子が音楽をやりだしてボチボチと親子で参加するようになった。

ブランケットと椅子と夜ごはんのピクニックセットを持参し
開演3時間半前に家を出る。
そうするとカブリツキの場所がとれる。

本を読んだり、一杯飲んだりしながら(本当はいけませんが皆飲んでる)
夕暮れのときを過ごし、ご飯を食べ、
夕日が落ちて夜風が気持ちよく吹きはじめるころ、演奏が始まる。

今年はドヴォルザークとチャイコフスキー。
チャイコフスキーは大好きだ。
ドン、シャーンて、にぎやかでいい。

常任指揮者のアラン・ギルバートもすごくいい。
その芸風も好きだが、ネイティブニューヨーカーで日米のハーフなので
見ていて想像力をかき立てられる。
肉のつき方と髪型がウチの兄とそっくりでちょっとウケる。
実母(第一バイオリンの建部洋子さん)と同じ職場ってどんな気分なんだろう、とか。

演奏が終わると盛大に打ち上げ花火があがる。

すべてが終わると荷物をまとめて家路につく。
徒歩10分の場所なので気楽なものである。

なによりもスバラシイのは、このコンサートがタダというところだ。

この地にいつまで住み続けるのかは分からないが
もしどこかに引っ越すことになったら
この夏の野外コンサートとマルガリータのうまいメキシカンレストランは
いつまでも恋しく思い出すだろうと思う。




夏のイベントがひとつ終わってしまいました……
[PR]

by brook2015 | 2013-07-12 00:50 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン ストゥープセール   

2013年 06月 17日

a0332751_14361464.jpg


週末、ブロックパーティーならぬブロック・ストゥープセールが行われたので
ウチも参加しました。

息子の全く使ってないフルートを売るのが第一目的。
心配しなくても真っ先に売れた。

息子がデモンストレーションしたから。

あとは寄付するつもりでいた食器類を二束三文で売りさばいた。

うれしかったのは、3軒向こうのお宅から、芝刈り機を5ドルで買ったこと。

ウチの芝刈り機は大きくて、収納ロッカーに片付けるのにいつも往生していて
もう少し小ぶりのを買おうかどうか、という話をしていたところだったのだ。

小ぶりの芝刈り機を5ドルで手に入れたので、ウチの大きくて重たい芝刈り機も即座に売りに出した。
アミーゴなおじさんが5ドルで速攻買って行った。

お隣のローラちゃんはアイスティーとブラウニーの売り子さんをしており
どちらも飛ぶように売れていた。
そして売り上げがあると金を握りしめてあちこち物色し
親は絶対に買わないようなしょーもないオモチャを買ってくるのだった。

その姿の一部始終を、実の祖父のようにエヘラエヘラ笑いながら眺めるシャミお。
ローラちゃんはまったくシャミおになつかないが、時々アイスティーを買ってはローラ家のエコノミーに貢献していた。




天気もよく、のどかな一日。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-17 01:17 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン 野外コンサート/努力の場   

2013年 06月 14日

a0332751_14361425.jpg


先週末、近所の公園で行われた野外コンサートにシャミおと二人で行きました。
気の毒な息子はガッコで補習でした。

入場料3ドル。
ウイントン・マーサリス率いるリンカーンセンター・ジャズオーケストラの、ファミリー向けコンサート。

a0332751_14361456.jpg


キッズウェルカムですから、絵本の朗読があったり。
曲も誰もが知ってる童謡をジャズバンドにアレンジしたものが中心。
あとはエリントンが混ざる感じ。


a0332751_14361451.jpg


アンコールではバリバリのやつ2曲やってくれた。

会場には子供がごちゃまんとおったわけですが

1曲ももたずに持参したゲームボーイに没頭する子
友達とふざけだす子
フェンスによじ上る猿
シャボン玉に魂を奪われるヤツ

そんな子がほとんどです。

そんな中で、じーーーーーっとステージに見入ってる子がたまーにいます。
音楽に集中して身じろぎもしない子がたまーにいるのです。
30人か40人にひとりぐらいでしょうか。

息子もじーーーーーっと見てるタイプでした。
誰に強いられるでもなく、小さい頃から音楽が好きでした。

そういうじーーーっとタイプは音楽に向いてるんでしょうね。
楽器を与えると喜んで練習すると思います。

そうじゃない子は無理してビアノやバイオリンを習わせる必要はない。
その子が好きなこと、向いてることをやればいいのです。
サッカーかもしれないし、ダンスかもしれないし
絵やサイエンスかもしれない。

東新ハイスクールの林修先生も言ってた。
大した努力をしなくても勝てる場所で誰よりも努力しなさい って。

あと二日でリージェントテストが終わる。
そしたら(FAILしなければ!)ばいばい物理、ばいばい数学です。
息子はシニアにサイエンスもマスも取りません。

勝てる可能性のある場所で誰よりも努力していただきましょう。
息子は嬉々として努力するはずです。






[PR]

by brook2015 | 2013-06-14 00:00 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン プレゼント   

2012年 12月 28日

a0332751_14355017.jpg


ワタクシが今年クリスマスにもらったプレゼントたち。

パナソニックのホームベーカリー
レコーディングマイク(ZOOMのH1)
マフラーと靴下

息子からは鏡をいただきました。

ホームベーカリーもレコーディングマイクも自分で手配したもの。
長年連れ添った妻兼お母さんって、大体そんなもんだよね。
ほんと、つまらんわ。

シャミおに文句言ったら、マフラーと靴下を買ってきた。
クリスマスプレゼントに靴下て!
ソックス!

シャミおには、前に言っていた商売道具のカバーと、その他1品をあげた。
カバーを縫うのは結構手間がかかり、1週間ほど費やした。

外側の目立つところにゴーストバスターズのワッペンを縫い付けといた。
それを見た子供たちが おじさんのお仕事はゴーストバスターズなの~? なんて寄って来たら楽しかろうという、妻の思いやりである。

シャミおは 

オレの仕事場には子供なんかいない。
来るのはじーさんばーさんで、オッサンが一番多い。


と言って、まったくウケなかった。

そもそもシャミおは、プレゼントを開けてもひとつも嬉しそうじゃない。
感情をつかさどる脳の一部がイカれているのだ。
その場では何の反応もしめさず、時間をおいてジワジワと嬉しがったりくやしがったりするのが常なのだが、その間隔も歳を重ねるごとに長くなっている。
最近では3日ぐらい後に反応する。

そういう男だ、と分かっていても、このリアクションの無さにはいつまでたっても慣れない。
毎回がっかりする。

それとは対照的に、スマートフォンを手にした息子の喜びようったら!
「サプライズプレゼントの正しいもらい方」のマニュアルがあるとしたらこんなふうに違いない、と思えるぐらい大喜び。
しみじみと可愛い。

オレの友達はSATの問題集がプレゼントだったと嘆いていたから、オレはギャラクシーもらったもんねと自慢しといた

って。



その手があったか!
[PR]

by brook2015 | 2012-12-28 12:58 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン ワカモレ/ヒンズースクワット   

2012年 12月 22日

a0332751_14355133.jpg



ワカモレとトルティーヤチップスで晩酌。
ハイボールを計量カップスターバックスグラスで飲む。

ワカモレは、ニンニクだけじゃなくてタマネギを入れる。
トマトの1/4量は粗みじん切りにして横に置いといて、残りの材料をバーミックス的ブレンダーにかけ、最後にトマトみじん切りを戻して混ぜるのが気に入っている。

味付けは塩のみ。




5年前椎間板ヘルニアを患って以来、あまり運動しなくなった。

あのときは本当に痛くて痛くて、正直出産よりも脚が痛かった。
何万本もの針で一斉に脚を刺されているような激痛だった。

あの痛みが再び襲ってくるかと思うと怖くてたまらないので
ずっと腰を過保護にしてきた。
コアリズムやヒップホップアブスなんかもトライしたのだが
少しでも脚に痛みが出るとやめてしまった。

でもずっと「運動していない」という罪悪感がある。
このまま運動しない状態で歳を重ねると、寝たきり老人まっしぐらなのではあるまいか……。

そこで、森光子さんが毎日150回やっていたというヒンズースクワットをやってみることにした。

足腰第一なので、腰と膝に負担のかからない「正しいヒンズースクワット」をネットで調べた。
運動していない女性は1回もできないかもしれません と書いてあった。

楽勝で20回連続でできてしまった。

ダンベルもやめてしまったので、肩こりがひどい。
試しに腕立て伏せをやってみた。

これも何の問題もなく10回ほどできてしまった。

オレの筋肉はまだ腐ってないようである。

もう過激な運動はできないしするつもりもないが
少しずつ身体を鍛えていこうと思っておりやす。



酒量も少し減らすつもり。
[PR]

by brook2015 | 2012-12-22 15:05 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン レシピフォルダ   

2012年 10月 22日

a0332751_14353887.jpg



私はオーガナイズが大好きなキッチリ人間です。
自分なりのレシピフォルダを作ってクリアファイルに入れ
材料別に項目分けしています。
それをちょっとご紹介。

a0332751_14353857.jpg


こんな具合にパソコンでレシピを書き、自分で撮った写真も張り付ける。
ローガンが進んでおりますから、文字も大きめになっております。

自分で開発したレシピもありますが、気に入って繰り返し作るものも書き写しています。
その都度レシピ本をめくるのも面倒なので、この1冊に全部まとめておく。
キッチンにはこのフォルダ1冊だけを置いています。


a0332751_14353848.jpg



自分なりに使いやすいよう工夫しています。
上写真の表は、マカロンの卵白のグラム数に対する砂糖とアーモンドパウダーの量を、1gごとに一覧にしたもの。

他にも、カレーの香辛料表記をアルファベット順に書いたり、包丁を使う材料をまとめて書いて、冷蔵庫から必要なものを一度に取り出せるようにしたり。

作ったレシピノートはパソコンでデータ保存もしているので、訂正や見直しがたくさん加わったらデータを直して印刷し直します。





手書きより早いですから。
[PR]

by brook2015 | 2012-10-22 15:31 | その他