言葉変換『もんじろう』用アイコン カテゴリ:パン( 35 )   

言葉変換『もんじろう』用アイコン ピッツァ・マルゲリータ/お手紙   

2014年 04月 26日

a0332751_14362674.jpg


今回は結構ウスウスに生地を伸ばせた。
ナポリふうに焼けたと思う。


060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif


売却が決定したこの家には、息子が2歳のときに引っ越して来た。

同じブロックに、同じ大きさの家が3軒売りに出ていた中で、一番安くて一番ボロい家を買い、屋根を替ええ窓も全部替え、壁をぶちぬきキッチンもバスルームもほとんど全部DIYでリノベーションした。

愛着があると言えばあるが、もうどこも直すところがなくなってしまった。
なんだかツマンナイ。
だから次もボロ家を見つけて、こつこつ自分で直したい。

不動産売買は15年ぶり、ということになるが
前回とはだいぶ様相が違うことに驚いている。

前のときは、asking priceから1割ぐらい引いた額でオファーを出し、それで手打ちというのが普通だった。

今回はasking price以上でカウンターオファーを出した7組が、そこから血みどろの争奪戦を繰り広げたわけなのである。

価格もどんどん競り上がっていくし、どれだけ自分の経済的バックグラウンドが強力かをアピールする書類も加えられていく。
頭金のパーセンテージもどんどん増えていく。

7組中3組は、どれだけこの家が気に入ったか、自分たちはどういう人間で、どこの病院で娘は産まれて、どれだけこの地域に根ざしていて、あなたの作り上げた家を大切にしますよ、みたいなアピールレターをつけてきた。

こういうレターを添付するのが流行なのだろうか。
15年前にこんなことをやってる話は聞いたことがなかった。

争奪戦の勝者は、初めて家を買う夫婦だった。
小さな娘さんが二人いる。
この家は無駄に広い庭が付いているから、子育てには最適だろう。
でも蓄えを全部吐き出し、ギリギリのモゲージを組んでこんなボロ家を買ってアンタ大丈夫? とも思う。

まあ、人の心配をしている状況でもないのだが。
[PR]

by brook2015 | 2014-04-26 01:16 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン 山食/オーディション終了   

2014年 03月 09日

a0332751_14362676.jpg

相変わらずピキらない。


やっと息子の大学オーディションの最後のやつが終わった。
長い、長過ぎる、アメリカの音大受験……。
もちろん結果なんかひとつも分かっていない。
ギリギリ3月末にならないと分からない。

一般学部の一番早いところ、ローリングアドミッションなんかだと、昨年11月初旬の段階で結果が出る。
次はEDやEAの12月。クリスマス前。
最近だとSUNYやCUNYの結果も出始めた。
我が家はイライラしながらあとひと月を過ごすことになる。

息子は最近うれしそうにクラシックピアノの練習をしている。
各大学のプレースメントテストでピアノを弾かなきゃならないから、と言って
何もそんな難しい曲を選ばんでも、というような変態な曲を2時間も3時間も練習している。

3年前、フルートにフォーカスするためにクラシックピアノを手放させたのだが
息子はずっとそれを恨んでいる(笑)。
いまだに一番ピアノが好きなのだ。

もちろんオーディションが終わっても一日も休むことなくフルートの練習も続けている。
練習そのものが楽しくて好きなのだと言う。

息子が大学のエッセイにも書いていたが、親の私たちは息子に 練習しろ と言ったことがない。
練習するな と言ったことは何回もあるな(笑)。

女子からのお誕生日パーチーの誘いや、友達とのプレイデートを 練習したいから と断ったりするので、親の方が慌ててしまったりしていた。

子供が自ら練習することなどあり得ない、と信じている大人たちからはよく 可哀想にねぇ(長時間の練習を強いられて)などと聞こえよがしに言われたものだ。

レッスンの日はらんらんとスキップして行き、スキップして帰ってくる。
目をキラキラさせて。
これはいまだにそうだ。

そんなに好きならば、と、音大に進むことにとりわけ反対もしなかったのであるが
待っているのはイバラの道であろー。
競争倍率500倍のリアリティーを、息子はもうすぐ身を持って知ることになる。

a0332751_14362626.jpg

眉毛が3時のキョトン顔。
[PR]

by brook2015 | 2014-03-09 00:11 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン 豚まん/Dちゃん   

2014年 01月 31日

a0332751_14362431.jpg



毎日激寒の日々が続く。
今シーズンのアメリカの寒波は20年ぶりの厳しさらしい。

20年前、といったら、余裕でアメリカ在住だった。
でも20年前にそんな寒い年があったかどうか定かに憶えていない。

歳とってボケたかのーーーー!

当時は昼も夜もなく、血のしょんべんが出るくらい働いていたので
天候のことなど記憶からスッポリ抜け落ちているのかもしれない。

寒い日のお昼ご飯は豚まんでしょう。
ホカホカの湯気だけでもご馳走です。



息子が通っているのは入試のある公立高校である。

アメリカの公立高校の96%ぐらいは入試なんかない。
住んでいる地域の高校に、自動的に入学する。  

住むエリアによって高校のレベルが異なるので
家を買うときなど校区を調べることが必須となる。

息子の高校は校区など関係なく、市内すべてのエリアから生徒が通学してくる。
金持ちエリアの子も、ビンボー地域の子も、まんべんなくいる。
マド○ナの娘も、フードスタンプをもらってる家庭の子もいる高校なのである。

人種構成もバランスがとれている。
これがスタイバサントなんかだとアジア系が70%にもなる。

金持ちもビンボーも、白人黒人ヒスパニックもいる。
そういうとこ、かなり気に入ってる。

さて、息子の友達にエクアドル移民の二世の子がいる。
頼りない息子の面倒をなにくれと見てくれる、心優しい女子(Dちゃん)である。

Dちゃんには弟妹が3人いて、そのうちの一人には重い障害がある。
Dちゃんの母親はエクアドルで働いており、妹弟の世話はすべてDちゃんが引き受けている。
家にいるときは障害児の弟をずっとおんぶしており、背中と肩がバリバリにこっているのだそうだ。

息子の趣味はツボ押しなので、ときどき背中を押してあげるとすごく喜ぶという。

Dちゃんはものすごく賢い。
まあ、息子の高校の子は大概賢い。
息子以外はだいたい賢い 

Dちゃんの成績なら、どこの大学でも入れる。
たぶんビンボーであろうから、奨学金もたんまりいただけるはずである。

でも妹弟の世話的事情により、ここらへんの大学、家から通学可能な大学に進学するつもりでいる。
将来はエンジニアになりたいそうだ。

アイビーリーグ入試に有利だからと親に航空運賃や経費を全額出させてインドでボランティアする、というような話は、ケッ としか思えない私である。
健気にがんばっているDちゃんのような子は全力で応援したい。




人の子を応援している余裕もないんですがね。
[PR]

by brook2015 | 2014-01-31 02:02 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン レーズンで/小銭貯金   

2013年 11月 12日

a0332751_14362218.jpg


レーズン山食とオートミールレーズンクッキー。

息子の好物たち。




アメリカのコインのうち
1セント、5セント、10セント硬貨を小銭貯金するようにしている。
すぐに小銭で財布がパンパンになってしまうから。


COSTCOのミックスナッツの入ってた容器にずっと貯めていて
このほどそれが一杯になった。
8年ぐらいかかったがな。

a0332751_14362287.jpg


腰の悪い年寄りには危険な重さである。
それを抱えて、近所のスーパーのCoinstarという両替機に持っていった。

現金のお札に替えると手数料を取られるので
アマゾンのギフト券に交換する。

これだけギッシリと8年分詰まっているのである。
300ドルぐらいはあるに違いないウッシッシ、と巨乳をさらに膨らませて結果を待っておったのであるが

……166ドルにしかならんかった 


ルンバを買おうと思っていたのに。


a0332751_14362297.jpg


「ピアノの練習なんかしなくていいニャー」さん出動中。



コードレスお掃除マキタくんなら買えるのですが。
[PR]

by brook2015 | 2013-11-12 00:59 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン サンドイッチ/時間割   

2013年 09月 21日

a0332751_14362060.jpg


左から、サーモン+クリームチーズ、卵サラダ、生ハム+レタス。

週末旅行に持ってったもの。


a0332751_14362043.jpg


角食を切ったとこ。
ふわっふわ、というより、ふわモチ、といった食感です。
ふわモチ、の方が好きです。



息子の高校の時間割が確定した。
無駄な時間をのぞくべく交渉し、1時間目~8時間目の構成。

2時半にはすべてが終わる。小学生か。

ランチタイムは12時半。
という、高校に入ってはじめて人間らしい時間にお昼ごはんが食べられる。

ということで、基本 おやつはいらん そうだ。
そうですか。
それは助かります。
このブログもお役御免ですかね。

息子の高校はマンモス校で、生徒の希望なんか聞いてもらえた試しがなかったのが
今回あまりにスンナリとコトが運んだのが嬉しい。

何よりこれで、1日4時間の練習時間が確保できる。



シニアの授業って、楽勝ですわ。
[PR]

by brook2015 | 2013-09-21 13:16 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン 角食/エッセイ   

2013年 09月 14日

a0332751_14362197.jpg


久々に角食を焼く。


週末に1泊旅行に行くことにしたので、サンドイッチでも仕込もうかと思って。


ホワイトラインがうっすらとしか出なかった。
うっすら出ただけでも上等か。



私はリサーチが得意なタチである。

息子の大学受験に際し

SAT、ACTはジュニアのうちに済ませておく
夏休み中にエッセイの第一稿を全部書いておく


というセオリーがあるということを知り、それをちゃんと守った(守らせた)。

まあ、SATのスコアが必要な大学は少しなので、1回しか受けてないのだけど。
そして息子はエッセイを書くのが大の苦手なので、学校が始まってからじゃ絶対に間に合わないと本人も自覚していた。

夏休み中、息子はエッセイを9本書いた。
全部書き終えたのは昨日である。
2カ月半かかって、9本やっとこさ、である。

息子本人に任せたら、まあ本当にクソつまらん、最初の3行で読む気が失せるシロモノを1週間ぐらいかけて出してくる。

大学に提出するエッセイというのは、志願者がどういう人間なのかを知るためのものだ。
だからノンベンダラリとした内容では平凡な人間に映るし
平凡な人間でも具体的なエピソードを差し込めば、人を惹き付けることができる。
そして、まず読む気を起こさせるつかみが必要だろう。

そういうことをコンコンと言ってきかせるのだが
息子がどれだけ頭を振ってもカランコロンというカラッポな音しかしないのだ。

そこで仕方なく私は助け舟を出した。
提示されるお題に対し、オレだったらこういうふうに書く、ということを言った。

エッセイに対してプライドのない息子は即座に母のアイデアに飛びつき
それを元にエッセイを書く。

一応書き上がったものに私が目を通しダメだしをする。
息子は言われるがままに書き直す。

さらにダメだしをする。
書き直す。

そんなことを9本分もやった。
息子も私もウンザリである。


あとはこの9本を、学校の先生にレビューしてもらわなければならない。





こうやって甘やかして息子を頼りなくしておるのでしょうね。
[PR]

by brook2015 | 2013-09-14 06:57 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン パンケーキ/猫物語   

2013年 08月 16日

a0332751_14361908.jpg


日本ではパンケーキが流行っているらしいですね。
次から次と、いろんなもん流行らせますね……。

ウチのパンケーキはサワークリーム入り。
シンプルにバターとメープルシロップで、朝ご飯に食べます。



今年の夏は猫に翻弄されている。
翻弄されっぱなしである。

タビちゃんを捕獲保護して1週間が経った。

最初の3日間は夜通し泣き続け
親猫クロちゃんと兄弟猫ウリも鳴き声を聞きつけてやってきては網戸をガリガリしシャアと威嚇しまくり。
夏だというのにパティオドアは閉めっぱなしにせざるをえない。

ねこズにとっちゃ親子を引き裂かれて誠に残酷な状況なのだが
隣の奥さんが今月22日に野良を全員捕獲保護すると言っているので
それまでの辛抱である。

と思っていた。

昨日の朝もクロちゃんとウリがやってきてバリバリシャアとやっていた。

ところが、今朝は誰も現れない。
夕方、クロちゃんだけ来た。

不思議なことに、タビもクロちゃんも、無反応である。
もうそろそろ親離れ子離れしてくれたんかな、忘れてくれたかな などと
肯定的に受け止めたのだが
ウリの姿が見えないのが気になる。

ウリはあんぽんたんなので、またどっこの溝に落っこちて困って泣いているのではあるまいか
などとシャミおと話していたまさにそのとき

みゃぁ~、みゃあ~

という鳴き声が聴こえた。

シャミおが しゃーないヤツたな といいながら長ズボンに履き替え(蚊対策)
庭に降りてった。
私は蚊帳の中から 左の方から聴こえる気がするよ などと言いつつ
シャミおを誘導しておったところ


塀によじ上って左隣(ローラちゃんちと反対側)の庭を覗き込んだシャミおが

わーーーーーー
エライこっちゃーーーーー


と叫んだ。


ウリが流血のケガでもしてうずくまってるんかいな
などと思って どうした? と聞いたら

産まれたての子猫が4匹おる と。


はーあー? なーぬー?
と思って長ズボンをはき(蚊対策)、塀によじ上って左隣の桜の木の根元を見てみたら


……本当に4匹おった……。


黒・黒・シマ・ウリ。
柄のパターンが前回とまったく同じ。
父親は脚を折っていなくなったホワイトソックス、産んだのはクロちゃんで間違いなかろー……。


さっそく隣の奥さんに連絡を入れた。
奥さん、職場からすっとんで帰ってきた。


猫は出産のあくる日にも妊娠できる、って講習会で聞いてたのに、私が捕獲するのが遅れたせいよね。
ごめんなさい。


って謝ってたけど、奥さんのせいじゃないもんねぇ……。


奥さんはウチの庭から子猫の姿を確認すると即座に家にもどり
懐中電灯を手に左隣の庭にためらいなく不法侵入した。
そして黒1匹を取っ捕まえた。
自分ちの子にする らしい。


前回は、どーしよーどーしよーと言ってる間にあっというまに3カ月経ってしまい
目をつけていたタビちゃんをウチに取られてしまった。
だから今回は決断が早い。


早いのだが、生後2日の目も開いてない子猫を共働き+ローラで育てられるものだろうか。


そして、出産後1カ月で再び妊娠したクロちゃんは、子猫たちを放ったらかしである。子育てをする気があるのだろうか。


さらには、昨日の朝まで母親の乳をすっていたウリは、いまどこにいるのだろうか。


ウチのリビングのカウチの上でハラを出して寝ているタビに声をかけた。


アンタって本当にラッキーな猫だよね……。


a0332751_14361960.jpg




家政婦は見た、状態。
[PR]

by brook2015 | 2013-08-16 00:34 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン 山食とバゲット/3日目のタビちゃん   

2013年 08月 12日

a0332751_14361927.jpg


おやつはまったく作っておりませんが、パンは焼いています。
バゲット、真ん中のクープが開かんかった……(のーん)。


私ね、料理教室に通ったことがないんです。
もちろんお菓子教室もパン教室も。


何かにつけてそうなんですが、「自分で調べて自分で何とかする」っていうスタンスです。
大工関係、電気工事、何でも。
そういうのが好きなんでしょうね。


全部趣味でやってることです。
ただ楽しいからやってる。
だからそれをゼニ儲けにつなげよう、っていう発想はまったくありません。

むしろゼニが絡むととたんに嫌になります。


だからアフィリエイトもしませんし

いずれ自宅でおやつ教室を、みたいなことは考えたことすらないし

おやつ本を出版したい、なんてスケベ根性も皆無です。
いつかは小さくてもいいからおやつの店を出したい、なんてバチ当たりなことももちろん思っていません。


おやつモニターになって何がしかの小銭を稼ぐ気もありませんし
取材の申し込みなんかも片っ端から断っています。

特に取材はねー。


雑誌に載っけてやるよホレ。
嬉しいだろう、名誉だろうホレ。
ホレホレ。


っていうあからさまな雰囲気が嫌です。
そういうのに興味ない偏屈な人間もいるんです。


もっと突っ込んで言えば、取材対象者を探すのにブログで1本釣りっていうやり方は
ライターなり編集者なりの怠慢のような気がします。


初めてのメッセージで
取材意図はコレコレで〆切は4日後だから明日あさってにフォトグラファーを連れて取材したいから早急に返事をくれ
なんて言われてもねぇ。


取材およびモロモロのゼニカネの絡んだ申し出は、今後もまったく受ける気はありませんのでよろしくどうぞ。



捕獲保護後3日目のタビちゃん。


a0332751_14361924.jpg


親バカ全開まっさいちゅう。


a0332751_14362063.jpg





ペット写真の撮り方を勉強しなくては。
[PR]

by brook2015 | 2013-08-12 00:00 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン バゲット/福山さんぱつ   

2013年 07月 29日

a0332751_14361616.jpg


今回も帯切れを免れた。
でもずんぐり枝豆。
一番下のクープが短くエッジがたっておらん。

マコトにバゲットの世界は奥が深くてむずかしい。




シャミおの専属ヘアスタイリストさんが長期のバケーションに出かけてしまい
シャミおの頭が普段よりいっそうデカくなってきた。

辛抱たまらなくなったシャミおが、私にヘアカットを頼んできた。

息子の頭を17年間刈り続けているワタクシであるが
シャミおの頭を刈ったのはかれこれ20年以上も前であろーか……。

いいよ。
と私は快諾した。
そして代金として25ドル請求した。
安請け合いして、毎回頼まれたらたまったもんじゃない。

お客さん、今回はどのようなスタイルをご希望ですか? 
と聞いてみた。

そしたらシャミおのやつ

福山雅治でお願いします。

堂々と言い切った。

それを聞いていた息子が

年寄りって怖いわ~

とつぶやいていた。




完璧に福山雅治に刈ってやりましたけどね。
[PR]

by brook2015 | 2013-07-29 04:06 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン ピッツァマルゲリータ/耳の先っちょ   

2013年 07月 25日

a0332751_14361608.jpg


年に1度ぐらい食べたくなるのがピザ。


ピザ生地は、粉、塩、イースト、水だけの、シンプルなタイプで焼くことが多いな最近は。




昨日、ウチの庭に常駐ねこのクロちゃんがリスを捕まえてしまいました。
喉元を噛みちぎって、一撃で殺してしまいました。
そしてその亡がらを、実に自慢げに、ウチの芝生に展示し
ねこズ全員でもてあそんで楽しそうでした。

もー……なにすんねん……。


私は基本、毛のはえた小動物が苦手なんですよ。
特にネズミとリスが大嫌い。
猫を家飼いするのに躊躇するのは、ネズミなんか捕まえて自慢げに咥えてこられた日にゃー、気絶するんじゃないかと想像するからです。

リスの死体はもちろんシャミおが処理しました。
私は現場から一番遠い部屋に行って、コトが終わるのを息を殺して待っておりましたとさ。

そのクロちゃん一家ですけど、今週中に隣の奥さんが全員とっ捕まえるそうです。

奥さんは「猫捕獲講座」を無事受講し終えてサーティフィケイトをもらったので
トラップを借りてくる、と。
そんで不妊手術を受けさせるのですが
手術を受けた猫は目印として、耳の先っちょを切られることになっているそうです(ひー)。

その講座講師が言うには、猫っちゅう生き物は生まれ落ちたその日から妊娠する可能性がある、と。
だから避妊手術を受けさせてノラの数を押さえることは非常に意味があるし
耳の先っちょが切られた猫は2度と捕獲されることもないし、再度手術をされる危険もないし、結局は猫のためなのだ、って奥さんは言うんです。

ここが猫ファームになったら困るしね って。

a0332751_14361683.jpg




息子はクロちゃんに向かって「逃げろ~」って叫んでいました。
[PR]

by brook2015 | 2013-07-25 00:08 | パン