言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン パイナップルマフィン/サンドイッチ   

2013年 03月 21日

a0332751_14360348.jpg


息子におやつリクエストを聞いたら
パイナップルアップサイドダウンケーキかオートミールクッキーがいい
ということである。

ははーん、分かってきましたぞ。
チミはシナモン&ナツメグ風味が好物なのだね。
シナモンだけだとこんなに喰いつかないですから。

ちょっと違うものを作ってみたくて、生パイナップルを細かく切り、スパイスを入れてカラメル煮にしたものをマフィンにしてみた。

感想は なんかパンチが足りない とのこと。
味見してないからよー分からんが、生地に対するパイナップルの量が少ないのかもしれない。



最近の息子の弁当はサンドイッチである。

何故かというと、ランチタイムに本格的先生チューターについているから。
1週間学校さぼって日本に行ったら、2科目悲惨な成績になってしもたのです。
サンドイッチだと3分で食べられるので、そういうことになっております。

ランチタイムは10時半。
普段の弁当は1合ほどのご飯を持っていっており
それがサンドイッチだとハラが減るなんてもんじゃないそうだ。

息子はコメを愛する男。
だから夜ごはんはコメものにするようにしているだが
ここ最近は もうどんだけ っていうぐらい食べる。
炊いただけ全部食べる。
怖いくらい食べる。

息子は16歳。
今が人生で一番食べるときなのかもしれない。

食べられるうちに食っとけ と母は思う。
そのうち食べた分がどんどんハラの肉になったり
胸焼けして量が食べられなくなったり するから。



今日も米問屋に行ってきますわ。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-21 07:31 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン パンプキンプリン/ジーニアス   

2013年 03月 18日

a0332751_14360363.jpg


15センチのココット型で焼く。
ケーキのように切って食べる固さに仕上げるのが好きです。

a0332751_14360320.jpg


とろりんこ。




息子が小学校から中学校まで通っていたミュージックスクールに、ひとつ年上の、金髪巻き毛のバイオリン姉ちゃんがおりました。
Aちゃん、としましょう。

息子はAちゃんと同じ中学に行くことになりました。
ミュージックスクールのサタデースクールも同じ、日曜日はジュニアオケで一緒、
水曜日はチャンバーミュージックのアンサンブルでデュオを組み
加えて中学も一緒なので

いっそのこともう一緒に暮らしちゃえば

などと息子に言ったりしておりました。

Aちゃんは一年早く息子と同じ高校に進みましたが
息子はそのミュージックスクールを離れてしまったので、交流は途絶えてしまっていました。

さて本日、息子の高校の「週報」が送られてきましてそれによると
Aちゃんはナショナル・メリット・スカラシップのファイナリストに選ばれているではないですか!

ナショナル・メリットっつったらPSATがほぼ満点の子5万人の中から選ばれる、超賢い子向けのスカラシップです。
セミファイナリストやファイナリストになるだけで有名大学が学費をチャラにしてくれるぐらいの、ネウチもんです。

一度はウチの子の嫁に、とまで考えた(ボカスカ)Aちゃんってそんなに賢かったのですね……。
なんであの高校に通ってる子って、みんなみんな賢いんでしょーか……。
ウチのセガレなんて、今回のリポートカードで不可が2つもあったというに。

思えば息子がフレッシュマンのとき。
ピアノのペアを組まされたシニア男子は、プリンストンに行きました。
プリンストン君の彼女はハーバードに行きました。
ピアノシニア君その2はハーバードを蹴ってイーストマンに入りました。
ピアノシニア君その3はフルスカラシップでジュリアードに進みました。

そのころは、そういうのがどれほどスゴイことなのかよく分かってなかったけれども
かなりえげつないくらいスゴ腕の人たちばっかりだったのですね。
成績がいいだけじゃハーバードやプリンストンには入れませんもん……。
成績、リーダーシップ、コミュニティーサービス、芸術、スポーツ等。まんべんなく秀でてないと。

彼らを見ていると、そんなにアクセク頑張っているようにも見えないんですよね。
フツーに高校生をやって、楽勝で賢い。
これってやっぱりナチュラル・ボーン・ジーニアスなんじゃないかと。

息子は最近は(最近は、ですよ)決してサボッているわけではありません。
シャミおとも話すのだけれど、勉強において彼はいっぱいいっぱいです。
これ以上尻を叩いたって無理のような気がするんです。

ウチの子、もうなんだか勉強に対して腰が引けております。
コンサーバトリー行けばいいや、って思ってないか?
思ってるよな、ぜってー。

来週は春休み。
また一つ、カレッジツアーに行ってきますわ。




片道7時間のドライプです。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-18 00:27 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン チビRケーキ   

2013年 03月 14日


a0332751_14360473.jpg


コメントでチビRの話が出たので、焼いてみた。
今回はほわほわに焼けましたな。

息子のおやつ用なので、いちごジャムを巻いています。
学校に持っていくのでね。
生クリームはダメなのです。

いちごジャムは自家製ですが、ちょっと舐めたらびっくりするぐらい激激激ウマでした。
シャミおはこんなウマいジャムを独り占めしておるのですね……。

その激ウマジャムをシートスポンジにだーーーーっと伸ばしているのを
シャミおがジトーッと見ていました。

ああ……オレのいちごジャムを……なにすんねん……

とつぶやいておりました。
しらんがな。


a0332751_14360492.jpg


卵1個をがーっと共だてにして生地を作り
オーブントースターでさっと焼いたらできあがり。
うちのオーブントースターだと1分半ほどです。

大きさ比較にすべきいつものビール缶がなかったので、馬路村のポン酢を比較対象としてみました。




最近めっきりビールを飲まなくなってしまいました。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-14 12:29 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 抹茶カステラ/マスク   

2013年 03月 11日

a0332751_14360537.jpg


ずのーん……。

高さがでなかった……キメも荒い……。ずーん。

抹茶を入れるといつもむずかしい。
心折れてしまいそう。




日本話は続く。

日本ではマスクをして歩いている人がたくさんいた。
誰も何とも思わない、ありふれた光景のようである。

アメリカではマスクをして歩くどころか、オフィスでマスクする、なんてことすらまず見受けられない。

マスクをした人 = ものすごくヤバイ病原菌に感染している危険人物

ぐらいのイメージだからである。

アメリカに旅行する人へ。
日本と同じノリで街中やホテルでマスクをするのはリスクがある、と憶えといてください。

日本人がマスクをしている理由は

乾燥から喉を守る
インフルエンザの感染予防
PM2.5の防御
花粉症対策

こんなもんでしょうか。

私・息子・シャミおはそろって春の花粉症であるが、日本滞在中症状はまったく出なかった。

スギ花粉は結構飛んでいたはずである。
だから私たちを毎年ひどい目に合わせる花粉は「スギ」ではないようである。

じゃあ一体どの花粉やねん! ということになるわけだが
それを突き止めようと思ったらものごっつい額のオゼゼが飛んでいってしまい
突き止めたところで花粉症が軽減されるわけでもないので
結局ほったらかしである。

でもまあ、将来日本に永住帰国することになってもスギ花粉症で苦しむことは当座ない、というのはグッドニュースかもしれない。





花粉症目薬とかね、たんまり買って帰りましたわ。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-11 22:39 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン ざるうどん   

2013年 03月 09日

a0332751_14360507.jpg


いままで日本に一時帰国したときは、ラーメン屋に突撃していました。
狂おしいまでにラーメンが食べたかった。


でも歳とったんですね。
今回は一度もラーメンを食べなかった。


その代わりに、蕎麦屋とうどん屋に通い詰めました。


特にうどん屋はスバラシイな。
讃岐うどんが全国的に流行っているではないですか。
大手スーパーのフードコートにあるチェーン店の讃岐うどん屋のうどんでも、最高においしい。
しかも280円。

蕎麦も好きですが、蕎麦屋の蕎麦ってちょっとウルヘーといいたくなる雰囲気がありませんか。
産地と水へのこだわりがそんな匂い出してるんでしょうね。
確かに、カクジツに、おいしいですが。
そのこだわりゆえ、蕎麦一杯で800円もする。
大盛りを頼むと(麺は基本大盛りです)1200円もしたりする。


麺一杯でそんなに高飛車か……などと思う、偏屈な女のアテクシ。


a0332751_14360523.jpg


日本でのうどん生活が忘れられず、うどんを打ってしまいました。
粉1キロ分仕込んだので、当分楽しめるはずです。


私がこういうことをするのは、ここではおいしい手打ちうどんが手軽に食べられないからで。
日本に住んでいたら、うどんや中華麺を手作りすることも、パンを焼くこともなかったでしょう。


うどんは太麺が好きです。
日本ニーダの製麺機のうどんカッターは、パスタマシーンのフェトチーニカッターよりも太くカットできる。
すっかりパスタマシーンを使わなくなってしまいました。






明日は汁うどんにしよう。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-09 23:38 | お食事系

言葉変換『もんじろう』用アイコン レモンパウンド/樫本さんちの嫁ごはん   

2013年 03月 07日

a0332751_14360617.jpg


ちょっと焦げてしまいました。




徹子の部屋に樫本大進が出ていたのを見た。
(※ベルリンフィルのコンマスです)

もう33歳なんですね。
よその子は大きくなるのが早いわ~。

対談の中で、「好きな食べ物はと聞かれたら 妻の作る食事 と答える」という話になり。

作ってくれるもの全部何でもおいしいんですが、中でも一番好きなのはカツ丼です

と言った楠本氏に、徹子が

えっ、マーボ豆腐じゃないんですか? と聞き

マーボも好きだがカツ丼は太ると言ってあまり作ってもらえない などと答えていた。

そのやり取りを見て、樫本大進は絶対に豚まんも好きに違いない と思った。
ウチの息子と食に対する態度と傾向がよく似ているから。

息子は今年17歳、来年は大学に行くのだが
親元を離れ貧相な食生活を送っているところに、ウマいカツ丼作れる女子が登場したら3日でプロポーズしてしまうんじゃーなかろーか、などと思いました、ハイ。




嫁は日本からの留学生かな、などと妄想中。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-07 22:11 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン オートミールレーズンクッキー/昔話   

2013年 03月 04日

a0332751_14360605.jpg






実家の昔話第2段。

うちの父親の勤めていた会社は、私が通う小学校のプール横に建つビルでした。
だから私は毎日、父親と一緒に歩いて小学校に通うようなアンバイになっていました。

夏になると父は私の時間割りを見て何時間目に体育の授業があるかをチェックしておき
ビル4階のオフィスからプールを見下ろす。
プールでバシャバシャやっている子供たちの中で一番色黒なのが私だから、すぐにどれが娘だか分かるのだそうです。

小学校までは歩いて5分ほど。
父の会社も同じ。

だから父は毎日お昼は家に食べに帰っていました。
残業もほとんどせず、仕事が残った場合は家に持ち帰り、毎日きっかり5時5分に帰宅していました。

夏休みに暇をもてあました子供を喜ばせようと、平日いつもより早く、5時3分にダッシュで帰ってきて(笑)、じーちゃんが仕事に使っていた軽トラックに兄と私を押し込み、夕方の海水浴に連れてってくれたりしました。

小学校の校庭で乗り回していた自転車のチェーンが外れたとき
私は父の会社に持って行って 直してほしい と頼んだり。

私は中学に入るまで、どこの家の父親もそんなもんだろうと思っていたような気がします。

父は背が高く痩せており、性格はとにかく優しく、でも頑固な人でした。
私は無意識に「父に似た人」と思ってシャミおと結婚したと思います。
でも実はまるっきり違うタイプでしたけどね。

息子は父に似ています。
優しくて頑固です。
背もまあまあ高いけど痩せてはおらんな。




何を目指すつもりか分からんようなムキムキですわ。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-04 23:07 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン ケシの実あんぱん/晩酌   

2013年 03月 02日

a0332751_14360699.jpg




お久しぶりでございます。
日本より戻りました。

日本では毎日病院にお見舞いに行っていました。

その病院は実家から徒歩15分のところにあるのですが、雨の日も傘いらずです。
自宅から病院までのの経路がほとんどアーケード商店街(もはやシャッター商店街)となっているためです。

半分ぐらい行った時点で周辺は何百件もの飲み屋が軒を連ねる歓楽街となり
行きは店々は開店しておりますが
夕方帰路につくころにはネオンがギラギラ。
あたりには居酒屋や焼き鳥屋なんかから漂う醤油の焦げた匂いが充満しております。

最初の数日は、これまた歩いて10分のところにあるデパ地下で買った刺身なんぞをプラスチック容器から直で食べつつ地酒を飲む、というふうな、単身赴任のオヤジ的晩酌を満喫しておったのですが

刺身に日本酒も3日続くと飽きますな……。

4日目で病院帰りに赤ちょうちんのノレンをくぐってしまいました。

串を3本だけ頼み生ビール。
たまらんな。こたえられん。

そんな本物のオヤジよりもオヤジらしいスバラシキ生活は
3日後息子とシャミおが合流したため終止符を打ちました。

ウチの実家は成田に到着したその日のうちにたどり着けない地方ですが
育った場所は街の中。
小学校の父兄の7割近くが商業従事者で
実家も商店街の中にありました。

家の向かいは、毎月「市」がたつような大きな骨董品屋。
その隣は靴屋さん。

小学校低学年のときその靴屋さんは閉店して、その後にラブホテルが立った。
私は2階の自分の部屋の窓からラブホテルに出入りする客をながめつつ宿題をする、
などという優雅な暮らしを送っておりました。

今はそのラブホテルもなくなり、駐車場になっています。

ああいう場所で育つと、こんなふうになるわけですな。



場所のせいにしちゃイカンかも。
[PR]

by brook2015 | 2013-03-02 15:22 | パン