言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン バゲット/フレージング   

2013年 06月 30日

a0332751_14361273.jpg


夜ご飯が洋食系のとき、焼きたてのバゲットを添えることが多い。
ぱりっぱりが食べられるのは、家でパンを焼くからこその贅沢でありましょう。

でもここ最近、クープが爆発してばかり。
気泡の具合はまあまあなのだが、帯切れ問題が解消できなくてイヤんなってた。

そこで基本に立ち返ろうと、「クープの入れ方」で検索していろいろ読んでるうちに

オレのはクープの重なりが少な過ぎんじゃね? ということに気付く。

基本に忠実に忠実に、1/3重なるように、エッジの方向が揃うように角度を一定にしてクープを入れて焼いてみた。


a0332751_14361285.jpg


おおー、帯切れしてない!
エッジもほぼ揃ってるんでないかい?(一番下が惜しい)

あとは太さを一定にしよう。
それと、枝豆みたいにモリモリしてるのを、もうちょっとシュッとさせたい。





レッスンに行ったら 大学はどうするつもりやねん と師匠に聞かれた息子。

北東部のコンサーバトリーを中心に受験するつもりにしています
 と答えると

コンサーバトリー卒業してどないすんねん。
仕事ないで。
4年後にはオーケストラなんかバンバン潰れて、クラシックミュージックは今以上にすたれてるで。
悪いことはいわんからリベラルアーツに行っとけ。


と言われたそうである。

オマエ才能ない、っていう意味か? とパーソナルに受け取りそうになったが
あくまで一般論だそうである。

今更方向転換しようにも手遅れなので、予定通りですけどね。

その後もサンプルレッスンは続いていて
NYフィルの首席の人とシティーオペラ首席の人に観てもらった。

全員に言われるのは、トーンクオリティーとテクニックは申し分ないがフレージングがアカン、ということだ。

そりゃそうだろう。
師匠にはフレージングを教えてもらったことがほとんどない。
アレクサンダー・テクニークの、ケムに巻かれるようなレッスンが中心で
(内容を聞いてもさっぱり分からないので私とシャミおの間では「ケムケム話」と呼ばれている。)
音楽性は自分で何とかせい、というのが師匠のやり方なのである。

で、各先生方にフレージングを教わるのだが、これか全員言うことが違う。
ある先生は「もっとエモーショナルに」、ある先生は「さらっと吹け」と、正反対のことを言ったりする。

とどのつまりは自分で考えなければどうしようもないので、究極は師匠の言う通りなのである。

息子は現在、本当は泥が詰まってんじゃないかと思われるアタマを目一杯使って、フレージングと格闘している。





泥じゃなくてウ○コかも、と思う場面も多々あり。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-30 00:11 | パン

言葉変換『もんじろう』用アイコン グレープゼリー/コミュニティーサービス   

2013年 06月 27日

a0332751_14361338.jpg


ブルーベリー入り。




息子はやっと夏休みに突入です。
南部や私立校は6月になったらとっとと夏休みになってしまいますが、このあたりではまだ6月末まで学校があります。
新学期は9月初旬。

高校生はこの長い夏休みを利用して、コミュニティーサービスのクレジットを稼ぐ子が多いです。
コミュニティーサービス=奉仕活動ですね。

「卒業に必要な単位」として義務付けられている地域もありますし
大学受験の際にも重要視されます。

多いのは、子供向けサマーキャンプのスタッフボランティアですかね。
病院や老人ホームで働いたりもするようです。

ウチの息子はどうか、と言いますと
もうすべてのコミュニティーサービスの単位は足りているのだそうです。

息子の通う高校はパフォーミングアーツの高校で年に数回コンサートがあります。
入場料をキッチリ支払うコンサートで、その売り上げは学校の運営資金に当てられます。

そのコンサートに出演するたびにクレジットが付き、息子は二つのアンサンブルに属しているのもあって、知らん間に「もう十分」な単位が稼げているのだそう。

数少ない朗報と言えましょう。

カレッジツアーズも残すところあと1校。
あとは、練習して、録音して
サマースクール行って 

夏の終わりに小旅行でもできたらいいな。

a0332751_14361351.jpg


ウチの庭でチチをむさぼるノラたち。





かわいいけど、一体どうしたら?
[PR]

by brook2015 | 2013-06-27 23:08 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン タコ焼き/ラトガース   

2013年 06月 25日

a0332751_14361359.jpg


タコ焼きを食べるとき、私はぜっっっっったいビールがないとイヤ。
家にビールの在庫がなかったら、土砂降りの雨の中を走ってでも買いに行く。





先週末、ラトガース大学のオープンハウスに行ったのですよ。

こういう大学関係の事務仕事、たとえばカレッジツアーの予約を入れたり、時間や場所を確認したり、といったことは、全部息子にやらせるようにしています。

自分がやった方がよほど早くて確実だったのするのですけど、それじゃあいつまでも息子は頼りないままです。
もっとしっかりしてもらいたい。切なる親の願いであります。

ラトガース大はうちのお隣の州にあります。
車で小1時間といったところ。
息子に場所の確認と道順を調べておくように言いました。

さすがに息子に丸投げでは不安なので、シャミおがグーグルマップで道順を調べ、プリントアウトしていました(我が家にカーナビはありません)。

なんだか胸騒ぎがしたのかもしれません。
余裕をもって2時間前に出発したのですが、道も空いていて30分ほどで着いてしまいました。

でもなんかおかしい。
どの駐車場に入れるのだ? と息子にきくと、79番 なんて言うんですけど
79番なんて駐車場はどこにもないのです。

ここで私はハッと気付きました。
こいつらは「ラトガース大」のワードで検索して最初に出てきた住所しか調べていない。
ラトガース大学には4つも5つもキャンパスがあるのです。
その中のマンソングロスっていうキャンパスに行かなければならないのに、ニューアークのキャンパスに行って はよ着いた~ と喜んでいたわけなのです。

アホボケカスとののしりながら、息子のスマホでオープンハウスの確認メールを見直させ、正確な住所をスマホナビに打ち込んで、再出発です。
そこからニュージャージーターンパイクに乗って、1時間15分も行ったところが、本当の場所でした。

早めに家を出たおかげで遅刻せずに済んだけど、こういうことはシャミおも息子も実に頼りない。
だから私がずっとやってきたってこともあるんですけども

私が死んだらどうするつもりやねん!

と声を大にしていいたい。

しっかりしている者はどんどん頼られて負担が増し
ぼんやりしているヤツはいつまでたってもダダ漏れが治らない。

この悪循環って宿命でしょうか……。





いろいろ考えていたら暗くなってしまいました。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-25 21:45 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン マンゴーゼリー/FAIL   

2013年 06月 24日


a0332751_14361307.jpg


夏ですねー。
ゼリーとかプリンとかアイスとかカキ氷とかがおいしい季節ですねー。




テスト前日に10時間睡眠で1ミリもテスト勉強をしていかなかった教科のステートテスト。
FAILしやがりました。

ザマーミロ。

夏休みにサマースクールにいかねばなりません。
予定がダダ狂いです。

でもえーねん。
当然です。
なまじなんとなくうまくいくようなことがある方がタメにならん。
授業料無料の高校のうちに、キッチリしとかないとドエライことになる、ということを学んでおいてもらった方がいいのです。
大学行って挫折された日にゃー、ゼニがらみのこともあって目も当てられません。



そうとでも思わなければやってられるか。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-24 06:42 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン サラダ2種/サンプルレッスン   

2013年 06月 22日

a0332751_14361343.jpg


手前がシーフードサラダで、奥がチキンマンゴーサラダ。
今日は白ワイン飲んだるで、的オカズ。



息子の大学受験に向けたサンプルレッスンが始まっている。

私もよく知らなかったのだが、アメリカで音大を受験する場合
習いたい先生で大学を選ぶ。
そして、オーディションを受ける前にその先生に連絡を取り
小一時間ほどレッスンをしてもらうのが通例だそうだ。

それは「コネ」とか「青田買い」という意味合いというよりも

先生側にとっては、15分やそこらのオーディションだけでは知り得ない受験生のいろんな面を知ることができる。
相性やレスポンスを確認できる。

生徒にとっては、実際にレッスンを受けることで自分に合うかどうかを知り、受験校を絞り込める。
受験に向けたアドバイスをもらえる。

サンプルレッスンは大学のファカルティーの義務みたいなものなので、案外どの先生もきっちり連絡を返してくれた。
一人、何度もいろんな方向から連絡を入れているのに全シカトの先生もいた。
そういう全シカトの先生は、もしその大学に受かったとしてもその先4年間連絡が不安なので、やっぱりこちらの優先順位も下がる。
一流の人は、事務的なこともキチンとしている、というのが通常である。

さて、今シーズンのサンプルレッスン一発目は、C音楽院とJ音楽院で教鞭を取るJK先生であった。

JK先生サスガ! と思ったのは、息子の演奏を聴いて

1. バッハの専門家に習ったことがあるだろう?
2. もしやキミは暗譜がものすごく早いんじゃないか?


ってことを言い当てたことだ。

バッハの専門家に笛を習っていたのは3年前までなのだが
その癖が残っている と。
バッハの専門家というのはおおむね演奏がイマイチの人が多い
だからそのとき習ったバッハの吹き方は全部忘れろ
 と言われたらしい(しょえ~)。

それから息子は
トーンクオリティーは申し分ないがフレージングがなっとらん
それはつまり楽譜を読み込んでいないということだ
作曲家の言いたいことは楽譜に全部書いてあるのだから
その通りに吹かなければならない

暗譜が早い人はそのあたりがおざなりになりがち だそうだ。

そんでフレージングを中心にみっちり教えてもらって帰ってきた。

でも息子はJK先生しかフルートのファカルティーがいないC音楽院は受けるのはたぶん辞める、っていう。

なんでかっていうと、息子はアレクサンダー・テクニークというメソッドに基づく音の出し方を、ここ3年間ひたすらみっちり仕込まれてきた。
1回や2回、アレクサンダーの講習会に参加してケムに巻かれるのと違って、頬の筋肉、ノドチンコの裏の筋肉、指の筋肉にいたるまで緻密に考えられたテクニックを学んで来た。

JK先生は、私が30年以上も昔にブラスバンドでサックスを吹いていたときと同じ、腹式呼吸をまだやっている。
そして 指をもっと丸めて持ちなさい等々 と言われ、その指示に小一時間従っただけで 背中が痛くなった と言うのだ。

フレージングの件は大いに参考になったが、アレクサンダー・テクニークと逆行することを強いられる先生と4年間過ごしたくない、と言う。

C音楽院といえば、全米のあらゆる大学の中で最も入りにくい難関度ナンバー1であり、合格した生徒は全員フルスカラシップ。
勉強のために買ったCD代まで出してくれるスンバラスイ学校なのだが、息子は嫌だってさ。



まあ好きにしたらエエがな。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-22 07:42 | お食事系

言葉変換『もんじろう』用アイコン パンプキンプリン/辞めないこと   

2013年 06月 19日

a0332751_14361330.jpg



カボチャが半分あるとつい作ってしまう、鉄板菓子。

家族がプリン好きなので、いつも砂糖100g、水100ml、熱湯100mlでカラメルソースを多めに作って冷蔵保存している。

1年ぐらい、ヘーキで使えるから便利。




Flute audition でYOUTUBEを検索していたら、ジュリアード関係者の動画が見つかった。




音楽のとこしか見てないけれども、この女の人が言うには
ジュリアードに合格する必要要素は

才能(絶対音感と聴き手の心を動かすチャーム)
良い先生
練習
献身的なかあちゃん

だそうである。

私はコレに、「辞めないこと」を加えたい。

息子が小・中と通っていた音楽学校の1年上に、チェルシー・ドッグという小さなピアニストがいた。

それまで
 ウチの息子のピアノもまあまあイケてんじゃね? と思っていた私は、ちょうどこの動画↓と同じ時期に彼女のピアノを聴いて、ぶっとんでしまった。





天才ってこういう人のことを言うんだな って心底驚いたものだ。

この後すぐ、チェルシーは「スペシャルミュージックスクール・オブ・アメリカ」というゴッツい名前の、マンハッタンの公立校に転校していき、中学を出るころからパッタリと名前を聞かなくなった。


辞めてしもたんかな、どないしてんのかな とずっと気になっていたところ、ひょんなことから去年彼女の名前を見つけた。
息子と同じ高校の、ヴォーカルメジャーで、目立たずひっそりと歌っていた。

そして今年、音楽とは無関係の大学に進学して行った。

私の推測は、こうである。

チェルシーはピアノに関しては、コンペティションに出たら必ず優勝し、ナショナルテレビジョンのショーに何度も出演し、マジソンスクエアガーデンで演奏し、

クラシックピアノはもうええ となったのではあるまいか。

ほんでもって、ポップミュージックのようなよりリアルな音楽や作曲の方に興味がシフトしていった。

私は歌だってイケるはず って思ったんじゃないかなー。
そんで高校にはヴォーカルメジャーで入学した。
でも、歌は全然大したことなかった……。

マイケル・ジョーダンがプロ野球に挑戦したときのことを彷彿とさせる。

チェルシーは勉強もできたそうだから、まあ別に特別音楽が好きってわけでもないからエエもんね、っていう感じで、音楽を手放したのかも。

チェルシーがあのままクラシックピアノを続けていたら、今ごろどんだけの凄みが出ていたかと思う。
返す返すも残念でならない。

やっぱり続けないと。
ヘタでも何でも続けないとイカン、と、飽きっぽい私は強く思うのである。





息子は絶対辞めない、って言ってますけどね。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-19 22:00 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン ストゥープセール   

2013年 06月 17日

a0332751_14361464.jpg


週末、ブロックパーティーならぬブロック・ストゥープセールが行われたので
ウチも参加しました。

息子の全く使ってないフルートを売るのが第一目的。
心配しなくても真っ先に売れた。

息子がデモンストレーションしたから。

あとは寄付するつもりでいた食器類を二束三文で売りさばいた。

うれしかったのは、3軒向こうのお宅から、芝刈り機を5ドルで買ったこと。

ウチの芝刈り機は大きくて、収納ロッカーに片付けるのにいつも往生していて
もう少し小ぶりのを買おうかどうか、という話をしていたところだったのだ。

小ぶりの芝刈り機を5ドルで手に入れたので、ウチの大きくて重たい芝刈り機も即座に売りに出した。
アミーゴなおじさんが5ドルで速攻買って行った。

お隣のローラちゃんはアイスティーとブラウニーの売り子さんをしており
どちらも飛ぶように売れていた。
そして売り上げがあると金を握りしめてあちこち物色し
親は絶対に買わないようなしょーもないオモチャを買ってくるのだった。

その姿の一部始終を、実の祖父のようにエヘラエヘラ笑いながら眺めるシャミお。
ローラちゃんはまったくシャミおになつかないが、時々アイスティーを買ってはローラ家のエコノミーに貢献していた。




天気もよく、のどかな一日。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-17 01:17 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン 野外コンサート/努力の場   

2013年 06月 14日

a0332751_14361425.jpg


先週末、近所の公園で行われた野外コンサートにシャミおと二人で行きました。
気の毒な息子はガッコで補習でした。

入場料3ドル。
ウイントン・マーサリス率いるリンカーンセンター・ジャズオーケストラの、ファミリー向けコンサート。

a0332751_14361456.jpg


キッズウェルカムですから、絵本の朗読があったり。
曲も誰もが知ってる童謡をジャズバンドにアレンジしたものが中心。
あとはエリントンが混ざる感じ。


a0332751_14361451.jpg


アンコールではバリバリのやつ2曲やってくれた。

会場には子供がごちゃまんとおったわけですが

1曲ももたずに持参したゲームボーイに没頭する子
友達とふざけだす子
フェンスによじ上る猿
シャボン玉に魂を奪われるヤツ

そんな子がほとんどです。

そんな中で、じーーーーーっとステージに見入ってる子がたまーにいます。
音楽に集中して身じろぎもしない子がたまーにいるのです。
30人か40人にひとりぐらいでしょうか。

息子もじーーーーーっと見てるタイプでした。
誰に強いられるでもなく、小さい頃から音楽が好きでした。

そういうじーーーっとタイプは音楽に向いてるんでしょうね。
楽器を与えると喜んで練習すると思います。

そうじゃない子は無理してビアノやバイオリンを習わせる必要はない。
その子が好きなこと、向いてることをやればいいのです。
サッカーかもしれないし、ダンスかもしれないし
絵やサイエンスかもしれない。

東新ハイスクールの林修先生も言ってた。
大した努力をしなくても勝てる場所で誰よりも努力しなさい って。

あと二日でリージェントテストが終わる。
そしたら(FAILしなければ!)ばいばい物理、ばいばい数学です。
息子はシニアにサイエンスもマスも取りません。

勝てる可能性のある場所で誰よりも努力していただきましょう。
息子は嬉々として努力するはずです。






[PR]

by brook2015 | 2013-06-14 00:00 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン ブルーベリー鬼入れマフィン/10時間睡眠   

2013年 06月 13日

a0332751_14361431.jpg




昨日よりニューヨーク州のリージェントテストが始まっております。

ここ最近、息子は夜ごはんを食べたら風呂に入って速攻就寝。
夜中の3時に起きて勉強、ということをやっておりました。

が、テスト前日にまさかの10時間睡眠です!

目覚ましをかけ忘れたようです。
寝過ぎで顔パンパンです。
テスト勉強を1ミリもせんと学校へ行きよりました。
さすがすぎて言葉もありません。

大学受験に向けたサンプルレッスンの申し込みを本人にやらせているのですが
どの先生方からもお返事がいただけない。

いくらなんでもオカシイと思い
先生方に出したメールを見せてみぃ! と確認したところ
もはや存在しないメールアカウントのアドレスで送付しているが判明。

このアホが! とドヤしつけながら再送信させたところ

返事をしたけどメール戻って来たで というお返事を数名から速攻いただいた。

うちの17歳、いつになったらしっかりするのでしょうか。






ヨソ様のお子たちが輝いてみえる今日この頃。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-13 00:00 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 17歳の誕生日ケーキ   

2013年 06月 11日

a0332751_14361430.jpg


息子17歳の誕生日。
今年はチョコレートケーキをご所望である。

いろいろ考えたが、今年は巨匠に祝ってもらうことにした。


a0332751_14361434.jpg


チョコプレートなるものに初挑戦。

冷蔵庫に入れてたので汗かいてます。
そんで2色しか使ってませんが。
フチがギザギザで、文字もかすれてしもてます。
まあ初めてですからこんなもんでしょう。


a0332751_14361598.jpg



こんなんでも息子喜んでるし。

スネ毛ボーボーおけつムキムキでも、あたしにとっちゃ子供です。


a0332751_14361546.jpg


夜ごはんメニューはラムラック。

いつもは8本つながりを家族3人で分けるのだが
今回は誕生日スペシャルということで息子に8本全部盛ってやりましたわ。

ウチでは記念日系のメニューは毎年決まっていて

感謝祭は北京ダック、クリスマスはローストビーフ、
シャミおの誕生日はちらし寿司、息子の誕生日はラムラック。

何も考えなくていいからラクっちゃラクです。

そしてお祝い事のご馳走は、年にこの4回しかしませんな。



正月も気合いが入りません。
[PR]

by brook2015 | 2013-06-11 00:00 | おやつ