言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン スカラシップ   

2014年 05月 08日

a0332751_14362715.jpg


高校を休んで、息子の進学予定先のプレースメントテストを受けに行ってきた。

親が付き添っているのは息子を含めて3人のみ。
あとはみんな自分で車を運転してやってきていた。

そっかー。それが普通のアメリカの高校生なんだー。
16歳になったら学校で運転免許のクラスを受けて、免許を取ったら自分で運転して高校に通う。

息子は校庭もプールもない学校しか通ったことがないからな。
もちろん運転免許のクラスなんかないし。

アメリカの平均値からするとかなり特殊な環境下で息子は育ったのだな、と改めて思った。


060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif


以前、息子の進学先の大学から5500ドルのメリットスカラシップをいただいた、という話を書いた。

息子の進学先は州立大学であるから5500ドルでも上出来だとは思っていたものの、どうしてもスケベ根性の抜けないアテクシ。
もっともらえないだろーか という問い合わせの電話を息子にかけさせた。

こういう電話は親がかけちゃーイカン。
あくまで本人がするのが基本である。

そしてこういう問い合わせの電話は、タライマワシがデフォである。
そのムネ息子に言い聞かせて、息子にタライマワされてもらった。

6~7回タライマワされた結果
はっきりとは分からないがメリットスカラシップが残ってるかもしれん。
学部の担当者にアピールレターを書いたら可能性があるかもしらん。

ということを言うタライマワサーが現れた。

即座にアピールレターを息子に書かせた。

この時点では、家を売却して学費を用意する話を息子は知らない。
てか、家売却も決定していなかった。
だから息子は必死である。
少しでも自分の学生ローンを減らさなければ、後々苦労するのはオノレである。

どーしてもオタクの大学に行きたいが、もうちょいとスカラシップをいただけなければどないもこないもならん。
オレの素性はコレコレこういうことで、今までのアチーブメントはこんなんがあって
必ずや必死で働いて(勉強して)ご期待に添える学生になります。


てなことを、オマエ高校のEnglishの宿題でこれほどまでに情熱的なエッセイを書いてたらもって成績も違ってただろーよ、的なレターを書いて出していた。

アメリカの大学は基本、5月1日までに進学意志を各大学に伝えなければならない。
それまでに各大学側は欲しい学生を獲得するためにあの手この手を使うのだが
4月30日に(〆切りの前日かい!)新たなメリットスカラシップのお知らせが届いた。

年間13000ドル × 4年間

もうヒャッホーなんてもんじゃーないです。

もちろん、学費寮費を全額カバーする金額じゃないです。
でもアホ息子(つまりアカデミックの成績の良くない音楽バカ)にとっちゃ、満額回答に等しいメリットスカラシップがいただけた。
この州立大学でもかなりの高提示額だと思う。
(In State だったらフルスカラシップ)

私学はスカラシップの交渉に鷹揚だが州立大学はシビアである、というのが定説です。
息子の進学予定先大学も、スカラシップに関してはnon- negotiable、つまり、なんぼガタガタ言うてきても交渉には応じまへん、というのが基本スタンスなのです。

ましてや息子は州外からの応募。
そして学業は果てしなく低成績。

でもね。
ハナから諦めて問い合わせしなかったり、アピールレターを出さなかったら
このスカラシップは手に入らなかったと思うのです。

ヘビのようにしつこい母のアテクシは思ふ。
最初から諦めてちゃー、一文の銭にも繋がらん。
とにかくダメもとであがいてみなければ、と。

「アメリカの大学進学」でこのブログにたどり着く方もいらっしゃると思うので、参考にしていただければと思います。
[PR]

by brook2015 | 2014-05-08 20:49 | ブログ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 誕生日けえき/Nちゃん   

2014年 05月 02日

a0332751_14362744.jpg


まるでやる気の感じられないシャミおの誕生日ケーキ。
クリーム絞りのテキトーさったら、どーよ!

060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif

同じ町内に住むNちゃんは、息子と同級生。
中学をのぞいて、ナーサリー、キンダー、小学校と高校が同じである。

Nちゃんは私がこれまでの人生で見た中で一番の美人だ。
アイルランド、ネイティブアメリカン、フィリピン、パナマのミックスで
背が高く手足が長く小顔で
夜道ですれ違っても誰もが振り返るような娘であり

息子の初恋のシトでもある(@2歳時)。

高校ではアート専攻で、アルフレッド大学というセラミックの専門大学に行くつもりだ、と聞いていたのだが
結局シカゴの美大で映像を勉強することにしたらしい。

9月には娘がいなくなると思うと、今から泣きくれてるねん と父ちゃんのスコット。
シカゴなんて遠くに行ってしまったら、滅多に会えなくなってしまうじゃないか と。

それを聞いて、思わずもらい泣きしそうになったワタクシ。
あんな超絶美人の娘が自分の監視下から外れてしまうなんて、どれほど心配なことか。
ま、だからこそNちゃんは家から遠く離れた大学をチョイスしたのかもしれないが。

Nちゃんには弟がいるから、まだEmpty Nest感は薄いかもよ と慰めを言っといた。
ウチなんか一人息子である。
2週間に1度は家ごはんを食べに帰ってくる、と宣言しているヤツではあるが、確実にいなくなるのは寂しい。

今後は去年より家族になった猫のタビちゃんにおすがりするしかない。
ただ、ここ連日の不動産ビジネスのストレスでタビちゃんはハラを下し
昨日はゲーもしてしまったので医者に連れてった。

特にシリアスな問題もなく、薬を貰って「様子見」だったのだが
診察料200ドルである。
ハラを下しただけで、200ドルである。
ワシなど、膀胱炎になろーが、亜急性甲状腺炎になろーが
保険がないゆえ自力で回復を待つのみだったのに。

うちの猫は保険外診療で、ハラくだしただけでスンナリ家計から200ドルである。

私の地位は猫より確実に低い。
まあ、それぐらいに思っといたら間違いない。
[PR]

by brook2015 | 2014-05-02 11:07 | おやつ