言葉変換『もんじろう』用アイコン ぜんざい/フレッシュマン15   

2014年 12月 29日

a0332751_14363142.jpg






ご無沙汰しています。
大学が冬休みに入り、息子が1カ月ぶりに家に戻ってきました。

息子は痩せていました。
元々太っていなかったので、「痩せた」というより「小さくなった」って感じです。
あんなにパッツンパッツンだった尻・ふとももが見る影もありません。
ほぼほぼ半ケツです。
ヒップポップのニーチャンのような着こなしです。

どれくらい痩せたのか知りたかったので
体重計にのせてみました。

そしたらなんと、20パウンド以上も目方が減ってるでないの!
キログラムでいうと10キロです。なんとー。

アメリカの大学生は「太る」のが定説です。
フレッシュマン15 なんて言葉があるくらいです。
カフェテリアの脂っこいフードにより
初年度1年で15パウンド(7.5キロ)は太る、っていう意味です。

それなのにウチの息子は4カ月で10キロも痩せとるわけです。
オマエなかなかやる奴だな。
期待を裏切らないその外し方。

学業はなかなか大変そうです。
特にオーラルスキルという科目。
ソルフェージュのことですが
アメリカの音大受験にソルフェージュは必要ないので
息子は大学で初めてそれをやり、もうズタズタだそうで
これは予想外でした。

何故なら息子には絶対音感があるのでソルフェージュなんかスイスイだろうと思っていたのです。
ところがその絶対音感がアダとなり、ドレミで歌うことができない。
Dメジャーの曲ならDは「ド」ですが、息子は思わずDって歌ってしまう。

絶対音感のせいで、譜面通りのCの楽器であるフルートやピアノしか耐えられなかった息子は、そのあたりの融通がすごく効かないタイプだったのです。
絶対音感はあるけれど、相対音感が弱いのです。

まあこれも訓練次第で上達するはずなので、冬休みは自主練するそうです。
(大変だ)

それにしてもねー。10キロとはねー。
私もアメリカの大学に行けば痩せるでしょうか。
[PR]

# by brook2015 | 2014-12-29 14:52 | おやつ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 心臓詐欺   

2014年 10月 06日

a0332751_14363007.jpg



おててを胸の前でクロスして眠るタビちゃん。
予防接種の影響でぐったりしています。

ハワイバケーションの間、タビちゃんをBoading Serviceをやっている猫病院に預けた。
預けるに当たって健康診断が必要、と言われたのでイクバクのオゼゼを支払い猫病院の猫医者に診てもらったところ、

心臓に雑音が聴こえるので、心電図の予約を入れろよワレ

と言われました。

それってナンボかかりますの? 

と尋ねたところ

700ドルです

ですと。

こんなに健康でツヤツヤと元気なウチの子の心臓になんの文句があるっちゅーねん。
ボッタクリか?
心臓詐欺か?


と思い、9月末にいつも行きつけの獣医で予防接種を受ける予定もあったので、しらっと断った。
そしてこのたび行きつけ獣医の診察だったのだが

心臓? なんの問題もないけど?
すこぶる健康体のびゅーりふぉーな猫ちゃんだけど?

と言われて帰ってきた。

やっぱりボッタクリの心臓詐欺病院だったようである。
許せんな。
大丈夫にちがいないとは思ってたけど、それなりに心配はしていたから。
ゆる十、ゆる百、ゆるせーーーーーーーん!


息子は2週間に1度、ご飯を食べに帰ってきます。

本当はいろいろ忙しくて帰るヒマもないくらいらしいのですが
家のご飯を食べないでいるのは2週間が限界だといいます。

帰るたびに痩せているので、毎日何を食べているのか聞くと
基本サンドイッチだという。
サンドイッチが唯一まともだから、と。

肉もあまり食べないらしい。
おいしくないから。
さすがですな。
マズイものを食べるくらいなら絶食を選ぶ男は。

2週間に1度家に帰ってはきますが
普段はまったく連絡がありません。
娘だと、毎日電話してきたりするらしいですね。
息子だと全然です。
ま、ヤローがママちゃんに毎日電話してきたら気持ち悪いですからね。

朝は電子レンジでご飯を炊いて、海苔の佃煮やふりかけなんかで白飯だけ食べている、というので
鶏そぼろや牛肉のしぐれ煮なんかを持たせています。

甘い母でしょうか。
でもこれ以上痩せられたら、服買わなアカン。
ズボンがずりおちてパンツが見えている。
パンツのボロさもバレるので、バンツも買わなアカンかも。
[PR]

# by brook2015 | 2014-10-06 07:38 | ねこ

言葉変換『もんじろう』用アイコン ハラへり息子、帰ってくる   

2014年 09月 08日

a0332751_14363049.jpg


夕方5時のハワイ虹。
こんなにくっきりと根元まで見える虹を、初めて見ました。




なかなかトホホな感じで大学へと旅立った息子。
今週末、家に帰ってきている。

彼の場合は「ホームシック」とはちょっと違う。
単純に、ご飯を食べに帰ってきているのである。

大学に行ってから電話もメールもなく、自由を謳歌したはるんかな などと思っていたのだが、突然帰って来られても食材的に困るので、帰るなら木曜日中に連絡してほしい旨メールしたところ、ホイホイと帰ってきた。

すき焼きを食べさせた。
久しぶりの醤油味がしみる~ と言って3杯飯をかきこんでいた。

食べ物に困っているらしい。
そらそーでしょーよ。
久しぶりに肉を食べた なんて言っている。
ほとんど野菜と米だけ食べているそうである。

私はウッカリ忘れていたのだが、息子は「まずいものを食べるくらいなら絶食する男」であった。
サラダならドレッシングに気をつければ大丈夫なのであろー。
電子レンジでご飯が炊ける容器と田牧米を持参していて、それを食べているらしかった。

これも完全に育て方を間違えた一例である。
アメリカで大学に行くなら、マズいものも食べられる人間にしておかなければ本人が苦労する。

大学から我が家まで、うまくいけば片道2時間弱、13ドル。
このまま単身赴任のオトーサン的に毎週帰ってくるつもりなのだろうか……。

ルームメートはアルトサックス吹きの常識人でホッとしている、という話だ。
ドームの地下に朝10時から夜11時まで使用可の練習室が多数あり、大学が始まって初週ということもあって空いており、練習場所には困らないらしい。

早々にアンサンブルのクラスを決めるオーディションが開催されたのだが
カーテンオーディションだったそうだ。
(応募者は番号で呼ばれ、誰なのか分からないようにカーテンで仕切られた向こう側にジャッジがいるシステム。コネや利害関係を排除してより公平な審査をするために行われる)

審査も2次審査まである。院生含めて同じ楽器が15人しかいないのに。
息子が通った高校もなかなかの弱肉強食だと思ったが
大学はプロフェッショナルを育てるマジの場所なのだという印象である。

息子は小さい頃から、誰一人知り合いのいないpre-K、キンダー、中学に放り込まれ
仲良くなった友達はことごとく引っ越して遠くに行ってしまう、という暮らしをしてきた。
だから、新しい環境でウジウジするような男ではない。

州立大学のフレッシュマンの2割は最初の2週間で辞めて行く、という話だが
息子のドームにも3日目で姿を消した人が複数いるそうである。

息子のスケジュールを聞くと、アカデミックはなんとEnglishのナントカWritingのみ。
あとは全部音楽関係だそうだ。
この大学の音楽部は、コンサーバトリーと同等である。
息子にとっちゃパラダイスであろー。

一番の問題はやはり「食」で、先週の空き時間は、練習するかマシな食べ物探しに明け暮れたそうだ。

もしピッツバーグとかロチェスターとかに行ってたら……
 と私が言った時点で
死んでました と息子即答。

まあエエやん、週末ご飯食べに帰ってくれば。
近い大学で良かったがな。なるようになっとるがな。
[PR]

# by brook2015 | 2014-09-08 05:07 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン 息子、入寮   

2014年 08月 31日

新居のバックヤードに生息していた方。
コネチカット方面にドナドナされていきました。

a0332751_14362911.jpg


お母さん猫はまだウロウロしている。
確実にハラが膨らんでいる。
どうしましょう。

a0332751_14362955.jpg


ハワイの話はおいおい書くとして。

本日息子が大学の寮に入りました。

息子は18歳になった今でも本当に頼りなくて
それはすべて私の育て方のせいなのでしょう。

頼りないから手をかけ過ぎる。
だからずっと頼りないままで来てしまったのです。

かといって手をかけないとどうなるか。
とんでもないことになるワケです。
本人のみ困ってくれれば構わないのですが
火の粉は確実に親にも飛んできます。
大迷惑もいいところです。

だから忘れ物はないか、〆切りは守れているか、
ついつい先回りして私がやってしまう。
息子のため、というより、自分のためにやってしまう。
それがダメなんです。分かっています。

息子はもう家を出るわけですから、入寮に関することは、今度こそ全部本人にやってもらうことにしました。

すると見事なまでに何もしませんな、息子。
荷造りを始めたのは昨日です。
入寮日の前日です。

もちろん「あ、アレがない」「買いにいかなきゃ」ってモノが発生します。
私は知らん顔です。
前日の夕方に、自分で買いに行っておりましたよ。

翌日(本日)、シャミおともども親子3人で車に荷物を積み込み、大学へと向かいました。
大学は家から車で1時間。
近いっちゃ近いです。

このまま無事に大学に到着し、何ごとも起こらないわけがありません。
シャミおも私もまったく息子を信用しておりません。
絶対何か忘れ物をしているだろうし、出なければならないオリエンテーションやレクチャーの一つや二つ、すっ飛ばすだろうと思っています。

まず、息子がGPS に入力した寮の住所が間違っている!
GPS通りに行こうとするシャミおを制して、私のケモノの感のケモノ道へ進路を変更し、無事に正しい場所に到達しました。

荷物を車からおろして大学のカートに積み込み、息子は鍵をもらいに受付へ。

さあ皆さん、息子は鍵をもらえません。
きたきた。きましたよ~。

鍵をもらうにはフォトIDが必要なのに、息子はそれを持参していないのです。

結局泣きをいれて寮の鍵はもらえまして、荷物を部屋に入れることはできたのですが、
大学のIDカードをもらうには絶対ににフォトIDが必要だと言われます。
そりゃそーです。
この大学のIDカードはクレジットカード的に使えるもので
大学構内、周辺の店や交通機関の支払いに使用可能。
さらにはカフェテリアのミールプランもこのIDカードを提示して利用額がさっ引かれる、学生の命綱のような存在なのです。

荷物を部屋に入れ終わると、私とシャミおは息子を車に乗せて家に戻りました。
全員無言です。
往復2時間のドライブですから大した距離ではありませんが
精神的にどっと疲れてしまいました。

再び息子を大学まで送ることはできなくもないけど
なんかもう嫌になってしまった。

息子はパスポートをポケットにねじこんで、お母さん本当にごめんなさい と言い
地下鉄と電車を乗り継いで大学に戻っていきました。
それだと3時間ぐらいかかるのですが、そんなことは知ったことではありません。

長い間、息子が家を離れる日は泣いちゃうだろうな、などと想像していたけれど
そんなドラマチックな展開にはまったくならず。
ウチの息子はサスガである、という思いを強くしただけのトホホな一日となりました。
[PR]

# by brook2015 | 2014-08-31 07:38 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン 猫・へんな庭・お隣   

2014年 08月 18日

新しい家の庭には猫が住み着いている。
ウォークスルーのときソレを発見した。

誰かが勝手に我が庭に小さな猫小屋を置いていて
中をのぞくと、なんと、子猫が5~6匹いるではないか!
まったく冗談じゃない。
ワシらは猫に取り憑かれているのか……。

シャミおは大喜びである。

家が広くて庭に子猫がいるなんて、酒はうまいしネーチャンはきれいだ、みたいなもんやん

などといってニヤついている。

アパートに戻ってタビちゃん(飼い猫)に

タビちゃんもお友達が欲しいよね~

などと気持ち悪いオッサンの猫なで声を出している。

翌日家に行くと、お隣のガレージで一人のお姉さんが子猫の世話をしていた。
お隣さんに世話を頼まれたのだと言う。
(ウチとお隣さんはドライブウェーを共有しているため、お互いのガレージエリアへの出入りが自由。さらにはその気になれば誰でも入ってこられるのです)

今貰い手を探しているんだけどオタクも1~2匹どう? っていうからシャミおにガンを飛ばしつつ断りましたけどなにか?

そのガレージの横の区画は、緑の毛のはえた塀で囲まれた、意味の分からんスペースになっている。
↓こんな感じ。

a0332751_14363011.jpg




あまりにも訳分からん毛はえ塀はとっとと取っ払ってしまおうと、デモリションの業者に見積もりにきてもらった。
おっさんはこの塀を見るなり 前のオーナーはジューイッシュでしょう と言った。
こういう、緑の毛で覆われたスペースでなんかの儀式だか集会だかをする習慣があるのだそうだ。

すべてを踏み倒して夜逃げしたガールたちは、ここで何を祈っていたのであろーか。
シャイロック一味の不動産屋は オーナーが物置き場として使っていたから囲ってあるのさ なんてシラッと言ってたけど、オマエこの塀の意味を絶対知っとったやろ!
なんで嘘ついたんや!
気色がられるのが嫌やったんか!
なんかやましいことがあるんか! オラ!

囲いの中には売り主側が 絶対に片付けない! 片付けろなんて家を売ってもらっといてよくもそんな無礼なことが言えるな! とほざいた木の枝(大量)が残されている。
このやりとりの頃にはもう頭がおかしいとしか思えなくなっており、争わなかった。
処理に600ドルかかる。
えーワイそんなはした金!(ヤケクソ)

デモリションの日時をお隣に伝えようとピンポンしたが留守だったので、電話番号を書いたメモを残してアパートに戻った。
夜、男性から電話がかかってきた。

挨拶がてらいろいろ話したら、よい人そうなので良かった。

確か内見のときにお会いしましたよね? 犬の散歩をしてらした と言うと

あれは夫のデイビットです。僕の名前はトム と言われました。

……そうですか。ある意味嬉しいです。
男のゲイのカップルはセンスがよくてきれい好きの人が多いから。
ここがこりかたまったジジババのコミュニティーじゃなくて安心しました。

さて、明日よりハワイに行ってきます。
[PR]

# by brook2015 | 2014-08-18 13:49 | その他